◆バッグ製作に大きな問題が―  ここで大きな問題が。KTSの日まで1ヵ月あまり、業者に頼もうにも時間がありません。バッグを1から作るとなると、ほとんどの業者が納期が厳しいとの回答でした。バッグを作ってくれる業者が見つからない…ピンチです。在庫のある既存のバッグにデザインを貼るだけとかだったら時間がかからないかもしれないですが、それならナマイキで作っているバッグにはなりません。自分たちの思いを込めたバッグにしたいのに間に合わない。複雑な思いを抱えながら、それでも諦めずに模索していると―。なんと熊本の業者が引き受けてくれました。。諦めなければ手をさしのべてくれる人がいる。私たちの背中を押してくれました。 ◆鹿児島らしさが足りない… これで間に合う!そう思った矢先、プロジェクトの応援に来てくれた庄村アナウンサーから、思いがけない一言が。 『このバッグ、鹿児島らしさって…?』 肝心の鹿児島らしさがない。またみんなで考えました。するとファスナーの持ち手に「かごんまよかおごじょ」の文字を入れるというアイデアが。バッグを持った女性がより輝けるように、ファスナーにメッセージを込めました。 ◆ついにバッグが完成! いよいよ完成品が届きました!バッグの右上に穴をあけて紐の長さを調節できます。ボディの生地は繊維の町、倉敷の帆布を使用しました。バッグの色は白、ピンク、カーキの3色。ファスナーの持ち手も3色準備して好きな組み合わせを選べるようにしました。おすすめのコーディネートを載せたオリジナルのチラシも作りました。そして、メンバー1人ひとりがメッセージカードも書きました。感謝の気持ちを伝えるために、やれることはすべてやりました。KTSの日、いよいよ本番です。 ◆KTSの日1日目 販売スタート 自分たちの思いは伝わるのか―。不安でいっぱいのメンバーでしたが、開場前にはたくさんのお客さんが待っていました!感謝の言葉とともにひとつひとつバッグを手渡していきます。予想をはるかに上回る大きな反響に、ちょっととまどうメンバー。でも嬉しい悲鳴です。次々やってくるお客さんは最後まで途絶えることはありませんでした。一日目販売終了後、メンバーは喜びの中にいるかと思いきや、明日を見ていました。それぞれが反省点をあげ、どうすればお客さんにもっと喜んでもらえるのか感謝を伝えるために全力です。 ◆KTSの日2日目、ついに完売― 2日目。1日目以上に多くのお客さんが並んでいました。少しでも待ち時間を短くしようと、前日話したように整理券を配ります。来てくれたお客さんに笑顔と感謝の気持ちを伝え続けました。思えば2ヵ月前。突然集まった8人、大変なことの連続でした。思いが形に出来ないと行き詰まったこともありました。でも、この8人で全力でやってきたからこそ色んな人たちが助けてくれました。そして今、思いが実を結びます。 『ありがとうございました!完売です!』   ◆9月29日OA MCスタイル◆        Rouge vif アミュプラザ鹿児島2階にあるお店です。 " /> ◆バッグ製作に大きな問題が―  ここで大きな問題が。KTSの日まで1ヵ月あまり、業者に頼もうにも時間がありません。バッグを1から作るとなると、ほとんどの業者が納期が厳しいとの回答でした。バッグを作ってくれる業者が見つからない…ピンチです。在庫のある既存のバッグにデザインを貼るだけとかだったら時間がかからないかもしれないですが、それならナマイキで作っているバッグにはなりません。自分たちの思いを込めたバッグにしたいのに間に合わない。複雑な思いを抱えながら、それでも諦めずに模索していると―。なんと熊本の業者が引き受けてくれました。。諦めなければ手をさしのべてくれる人がいる。私たちの背中を押してくれました。 ◆鹿児島らしさが足りない… これで間に合う!そう思った矢先、プロジェクトの応援に来てくれた庄村アナウンサーから、思いがけない一言が。 『このバッグ、鹿児島らしさって…?』 肝心の鹿児島らしさがない。またみんなで考えました。するとファスナーの持ち手に「かごんまよかおごじょ」の文字を入れるというアイデアが。バッグを持った女性がより輝けるように、ファスナーにメッセージを込めました。 ◆ついにバッグが完成! いよいよ完成品が届きました!バッグの右上に穴をあけて紐の長さを調節できます。ボディの生地は繊維の町、倉敷の帆布を使用しました。バッグの色は白、ピンク、カーキの3色。ファスナーの持ち手も3色準備して好きな組み合わせを選べるようにしました。おすすめのコーディネートを載せたオリジナルのチラシも作りました。そして、メンバー1人ひとりがメッセージカードも書きました。感謝の気持ちを伝えるために、やれることはすべてやりました。KTSの日、いよいよ本番です。 ◆KTSの日1日目 販売スタート 自分たちの思いは伝わるのか―。不安でいっぱいのメンバーでしたが、開場前にはたくさんのお客さんが待っていました!感謝の言葉とともにひとつひとつバッグを手渡していきます。予想をはるかに上回る大きな反響に、ちょっととまどうメンバー。でも嬉しい悲鳴です。次々やってくるお客さんは最後まで途絶えることはありませんでした。一日目販売終了後、メンバーは喜びの中にいるかと思いきや、明日を見ていました。それぞれが反省点をあげ、どうすればお客さんにもっと喜んでもらえるのか感謝を伝えるために全力です。 ◆KTSの日2日目、ついに完売― 2日目。1日目以上に多くのお客さんが並んでいました。少しでも待ち時間を短くしようと、前日話したように整理券を配ります。来てくれたお客さんに笑顔と感謝の気持ちを伝え続けました。思えば2ヵ月前。突然集まった8人、大変なことの連続でした。思いが形に出来ないと行き詰まったこともありました。でも、この8人で全力でやってきたからこそ色んな人たちが助けてくれました。そして今、思いが実を結びます。 『ありがとうございました!完売です!』   ◆9月29日OA MCスタイル◆        Rouge vif アミュプラザ鹿児島2階にあるお店です。 " />
番組表
ON AIR
  • 3:52オープニング
  • 4:00テレビショッピング
  • 4:30テレビショッピング
  • 5:00テレビショッピング
  • 5:30THEフィッシング
  • 6:00めざましどようび
  • 8:30土曜はナニする!?
  • 9:55ライオンのグータッチ
  • 10:25かごナビ
  • 10:30テレビショッピング
  • 11:00テレビショッピング
  • 11:30Go!Go!ユナイテッド
  • 11:4511月29日出発!「タカアンドトシの今夜、宿ナシ二人旅SP 北海道 絶景キャンプ旅」
  • 11:50FNN Live News days
  • 12:00YOUは何しに日本へ?  年々増加している訪日外国人。番組では、外国人たちの日本への玄関口、空港で勝手にお出迎えして直撃取材を敢行!!前代未聞の空港アポなしインタビューをやりまくりました。時には、空港を飛び出して、客船の港、イベント会場でもYOUに直撃インタビュー!
  • 12:55土曜ワイド
  • 14:55ぽよチャンネル
  • 15:00寛平ちゃんのバルーンが飛ぶ〜の!大空の感動ストーリー
  • 15:55ABChanZOO
  • 16:20Smart×LIFE
  • 16:25土曜セレクション
  • 17:20わんにゃん+ かごしま
  • 17:25サチのかごしまリサーチ
  • 17:30FNN Live News イット!
  • 18:00おかべろ  岡村隆史(ナインティナイン)が、と ある飲食店の常連客として店に訪れた有名人に質問していくという“シチュエーション トークバラエティー”!
  • 18:30ナマ・イキVOICE
  • 19:00超逆境クイズバトル!!99人の壁 森永&明治&カルビー参戦!大ヒットお菓子SP
  • 21:00土曜プレミアム
  • 23:25さんまのお笑い向上委員会
  • 23:55<オトナの土ドラ>
  • 24:50S−PARK
  • 25:30じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜
  • 26:20ゴリパラ見聞録
  • 26:50テレビショッピング
  • 27:20テレビショッピング
  • 27:50天気予報
  • 27:51ぽよチャンネル
  • 27:54クロージング
ナマ・イキVoice

14代目MC 美川 愛実・高橋 幸
OA/土曜 18:30~19:00 再放送/月曜 24:30~25:00

9月29日(土)ナマイキオリジナルバッグプロジェクト 完結編

KTSが鹿児島に開局して50年。番組を見てくれている女性たちへ何か恩返しをしたい。
ナマ・イキVOICEではオリジナルのバッグ製作のプロジェクトを立ち上げました。
メンバー8人、数々の困難を乗り越え完成したバッグはKTSの日で販売されることに。
鹿児島の女性たちに思いは届いたのか?
グッズ製作プロジェクトの完結編、2カ月間の奇跡の物語。

◆ナマイキVOICEグッズ製作プロジェクト始動 
9月20日。仕事や学校を終えた女性たちが続々とKTSに集まってきました。KTS開局50周年の今年。鹿児島の女性たちと何かを作りたい。およそ2ヵ月前、ナマイキVOICEグッズ製作プロジェクトが立ち上がりました。メンバーは職業、年齢も違う8人。
坂本さん。 読者モデルや雑誌の商品開発の経験を持ち女子の動きには敏感です。
180929_183203_22
森さん。 自社の商品を海外へPRしています。いつも冷静な目線を忘れません。
180929_183211_27
田代さん。 交友関係が幅広く、チームのムードメーカー的存在です。
180929_183218_16
小林さんはハンドメイド作家。日々オリジナル商品を開発し、チームにアイデアを与えます。
180929_183225_20
上村さんはメンバー唯一の主婦。
180929_183234_20
井出ノ上さんと林川さんは学生。
180929_183237_29180929_183240_14
そして隊長を務めるのが美川アナウンサー。
180929_183243_24
この8人でグッズ製作プロジェクトチームが始動しました。作るのはオリジナルのバッグ。鹿児島の女性がどんなバッグが欲しいのかを徹底的に探りました。街頭でのアンケートに、実際に販売の現場で勉強した結果、ついにデザインが決まりました。みんなで話し合って一つのモノを作り上げていく。メンバーは喜びに溢れていました。
180929_183313_16180929_183316_27

style="font-size: 160%; color: #A0522D;">◆バッグ製作に大きな問題が― 
ここで大きな問題が。KTSの日まで1ヵ月あまり、業者に頼もうにも時間がありません。バッグを1から作るとなると、ほとんどの業者が納期が厳しいとの回答でした。バッグを作ってくれる業者が見つからない…ピンチです。在庫のある既存のバッグにデザインを貼るだけとかだったら時間がかからないかもしれないですが、それならナマイキで作っているバッグにはなりません。自分たちの思いを込めたバッグにしたいのに間に合わない。複雑な思いを抱えながら、それでも諦めずに模索していると―。なんと熊本の業者が引き受けてくれました。。諦めなければ手をさしのべてくれる人がいる。私たちの背中を押してくれました。
180929_183606_21180929_183645_02
◆鹿児島らしさが足りない…
これで間に合う!そう思った矢先、プロジェクトの応援に来てくれた庄村アナウンサーから、思いがけない一言が。
『このバッグ、鹿児島らしさって…?』
肝心の鹿児島らしさがない。またみんなで考えました。するとファスナーの持ち手に「かごんまよかおごじょ」の文字を入れるというアイデアが。バッグを持った女性がより輝けるように、ファスナーにメッセージを込めました。
180929_183737_22180929_183815_15
◆ついにバッグが完成!
いよいよ完成品が届きました!バッグの右上に穴をあけて紐の長さを調節できます。ボディの生地は繊維の町、倉敷の帆布を使用しました。バッグの色は白、ピンク、カーキの3色。ファスナーの持ち手も3色準備して好きな組み合わせを選べるようにしました。おすすめのコーディネートを載せたオリジナルのチラシも作りました。そして、メンバー1人ひとりがメッセージカードも書きました。感謝の気持ちを伝えるために、やれることはすべてやりました。KTSの日、いよいよ本番です。
180929_183827_22180929_183849_12180929_183943_26180929_183954_12
◆KTSの日1日目 販売スタート
自分たちの思いは伝わるのか―。不安でいっぱいのメンバーでしたが、開場前にはたくさんのお客さんが待っていました!感謝の言葉とともにひとつひとつバッグを手渡していきます。予想をはるかに上回る大きな反響に、ちょっととまどうメンバー。でも嬉しい悲鳴です。次々やってくるお客さんは最後まで途絶えることはありませんでした。一日目販売終了後、メンバーは喜びの中にいるかと思いきや、明日を見ていました。それぞれが反省点をあげ、どうすればお客さんにもっと喜んでもらえるのか感謝を伝えるために全力です。
180929_184200_17180929_184233_23180929_184321_11180929_184505_19
◆KTSの日2日目、ついに完売―
2日目。1日目以上に多くのお客さんが並んでいました。少しでも待ち時間を短くしようと、前日話したように整理券を配ります。来てくれたお客さんに笑顔と感謝の気持ちを伝え続けました。思えば2ヵ月前。突然集まった8人、大変なことの連続でした。思いが形に出来ないと行き詰まったこともありました。でも、この8人で全力でやってきたからこそ色んな人たちが助けてくれました。そして今、思いが実を結びます。
『ありがとうございました!完売です!』
180929_184715_20180929_184711_16180929_184804_13180929_184832_28

 

◆9月29日OA MCスタイル◆

    0929
 
<衣装協力>
Rouge vif アミュプラザ鹿児島2階にあるお店です。