番組表
ON AIR
  • 3:47オープニング
  • 3:55テレビショッピング
  • 4:25ディノスTHEストア
  • 4:55テレビショッピング
  • 5:25めざましテレビ
  • 8:00めざまし8
  • 9:50ノンストップ!
  • 11:20ぽよチャンネル
  • 11:25国分太一の気ままにさんぽ
  • 11:30FNN Live News days
  • 11:45ポップUP!
  • 14:45かごnew
  • 15:15テレビショッピング
  • 15:45ぽよチャンネル
  • 15:50夏休みスペシャル 恐竜くんの地球だいすき!ダイナソー
  • 16:20夏休みスペシャル 恐竜くんの地球だいすき!ダイナソー
  • 16:50Live News イット!
  • 18:09KTSライブニュース
  • 19:00ネプリーグ
  • 20:00あしたの内村!!
  • 21:00競争の番人
  • 21:54KTSニュース
  • 22:00魔法のリノベ
  • 22:54匠の蔵 History of Meister
  • 23:00突然ですが占ってもいいですか?
  • 23:40FNN Live News α
  • 24:25ぽよチャンネル
  • 24:30ナマ・イキVOICE
  • 25:00ぽよチャンネル
  • 25:05ダイアンの絶対取材しない店
  • 25:35テレビショッピング
  • 26:05<FNSドキュメンタリー大賞>
  • 27:00テレビショッピング
  • 27:30天気予報
  • 27:31ぽよチャンネル
  • 27:34クロージング
ナマ・イキVOICE

美川 愛実・川路 あかり
OA/土曜 18:30~19:00 再放送/月曜 24:30~25:00

8月7日(土)「ニュースのじかん」

新型コロナの感染拡大に東京オリンピック。
様々なニュースが飛び交うこの夏。
遠いことのように思われる社会の問題を、自分たちなりに考えてみました。

リモートゲストにお招きしたのは、東京新聞の望月衣塑子記者です。

記者質問に対しお茶を濁す首相に、「会見は政府のためでもなくメディアのためでもなく、国民の知る権利に答えるためにあると思いますが!」と諌言。

 

取材上のモットーは、「恥ずかしがるな、すすんで恥をかけ」だそうです。

(望月さん)日本人記者は質問することをすごく躊躇する。恥ずかしい質問でもいいんだと、空気を壊していくことも大事かなと思っています。

東京五輪出場選手が帰国に身の危険を感じ、大会期間中に亡命

今回は、望月さんに教わりながら「日本にいる外国人の問題」について考えていきます。
まずは、東京オリンピックベラルーシ代表陸上女子クリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手が、五輪期間中にポーランドに亡命した問題。

(望月さん)選手の母国は、旧ソ連の崩壊に伴って独立した小国。ルカシェンコ大統領の独裁体制が27年間続いているということで、反体制派に対する弾圧が強まっています。

選手は、帰国に身の危険を感じて亡命しましたが、直後にベラルーシの亡命を支援する活動家・ビタリーシショフ氏がウクライナで遺体で発見されました。不可解な展開に謎が深まっています。
(川路アナ)「この時代でこんなことってあるんですか?」
(望月さん)「私も驚きでした。」

スリランカからの留学生が入管内で死亡

今年3月、スリランカからの留学生・ウィシュマ・サンダマリさんが、収容先の名古屋出入国在留管理局(入管)内で死亡するという出来事がありました。

ウィシュマさんは、日本の子どもたちに英語を教えたいと、2017年6月に来日しました。

支援団体などによると、その後学校を休みがちになったことで退学になり、在留資格を失いました。
そんな中、同居していたスリランカ人男性のDVから逃れるべく交番に駆け込んだところ、不法滞在ということで、そのまま入管に移送されました。

DV防止法は、「国籍や在留資格を問わず、日本にいるすべての外国人に適用される」としています。
本来なら、ウィシュマさんはDVシェルターに送られ、在留資格が与えられた可能性もあったのです。

収容先でのウィシュマさんは衰弱が激しく、今年3月入管内で死亡。33歳でした。
遺族や支援団体などは、「入管で充分なケアが受けられていれば、死なずに済んだのでは」と、収容中の入管の対応に疑念を抱いています。
 

~入管内で何があったのか。~
ウィシュマさんの死に至る経緯を明らかにしたいと、遺族や支援団体などが入管の監視カメラのビデオ開示を求めて​署名活動を行いました。

上川陽子法務大臣

一方の入管側は、保安上の理由を掲げて頑なに開示を拒んできました。

(望月さん)とはいえ、遺族、支援団体、弁護団などが動き、それをメディアが報じて世間の関心が高くなっていく。
それによって、少しずつ入管の医療体制の不備など内情が明らかになってきているのも事実です。

(望月さん)ウィシュマさんだけの問題ではなく、入管の運用体制そのものが問われている。
この問題をきっかけに、私たちの身近にたくさんいる、外国人の方々への関心も高まっていけばいいなと思います。

ニュースへの向き合い方

(美川アナ)日々のニュースを見る時に、自分とは遠いところで起きていると感じてしまうことがありますが、どういうふうに向き合っていくべきでしょうか。
 

(望月さん)身近な人の話も聞きながら、今の政治や社会を一緒に考えようという姿勢を持ってもらえるといいのではないでしょうか。
そうしたら、少しずつ政治も社会もいい方向に向かっていくんじゃないかなと思います。
 

(美川アナ)一つのことについて、みんなで話すということが大切。
自分のこととして考えていくことからスタートですね。

みんなの声

街頭で、今話題のキーワードの「東京オリンピック」、「新型コロナウイルスの感染拡大」、「新型コロナワクチン」について聞いてみました。

【東京オリンピック】
「結局どうなるのかなと思っていたけど、アスリートの方々も練習とか調整とかしてきたと思うので、開催できたことは良かったかな」

【東京オリンピック】
選手が頑張ってきたので良いと思います。

【新型コロナの感染拡大】
どうしようもないなぁーって

【新型コロナの感染拡大】
早くおさまってください

【新型コロナワクチン】
打ったから大丈夫って思っちゃうのはちょっと危ないなーって

【新型コロナワクチン】
副作用みたいなのが恐いなぁ

私たちにできること

どんなニュースもまず、それが「自分の大切な人に関わることだったら・・・」と考えてみませんか。

「小さな声が集まって世の中が変わっていく。私達に出来ることは声をあげること」

千種朋恵さん
START~外国人労働者・難民とともに歩む会で、日本で生活する外国人労働者・難民の支援を行っている。ウィシュマさんの件でも、​署名活動等に加わる。大学生。

 

ナマ・イキVOICE 公式Instagram
(番組で紹介した情報・お知らせなどを掲載中)