番組表
ON AIR
ナマ・イキVOICE

14代目MC 美川 愛実・高橋 幸
OA/土曜 18:30~19:00 再放送/月曜 24:30~25:00

8月29日(土)30周年企画〝あなたの夢叶えます〟

今回は、ナマ・イキVOICE30周年企画。番組に届いた誰かの夢をみんなでお手伝いしてきた、 〝あなたの夢 叶えます〟企画を振り返りました。

オリジナル結婚式をプロデュース

バブル全盛の頃は、披露宴会場での派手婚が一般的でしたが、次第に結婚式も個性が求められる時代になっていきました。そんな時、山口美穂さんから「地味婚だったので、彼に念願の結婚式をプレゼントしたい」というお手紙が届きました。
当時リポーターだった寺田先輩を隊長に、結婚式の実行委員会を結成。準備期間はわずか1ヶ月、当日までご主人の和哉さんには内緒で準備を進めることに。

実行委員はニセ取材を決行して、ご主人の和哉さんを調査!和哉さんも結婚式をあげれば良かったと思っていた事が分かり、ますます準備に熱が入ります。

2人の思い出の場所・中央駅を結婚式の舞台にする事に決定。ディスプレイ作りやラッピング作業など頑張ります。隊長の寺田先輩は、二人が出会って結婚にいたるまでを絵本にしました。

結婚式が行われる事を内緒でを会場に呼び出された和哉さん。お掃除おばちゃんに扮した寺田先輩が、和哉さんをドレス姿の美穂さんの待つホームへ連れ出しサプライズ大成功です!

結婚式はパーティー会場へと移動して、二人の友人と家族で結婚パーティー。寺田先輩、結婚式に参列出来なかった新婦美穂さんのご両親に会いに、福岡へビデオメッセージの撮影にも行っていました。知らない間にデコレーションされた和哉さんの愛車に乗って、イルミネーションで結婚式はフィナーレ!

結婚式から24年。山口さんご夫婦からメールを頂きました。
「結婚式が出来たのはまさに奇跡です。私達も人並みに夫婦大喧嘩を繰り返し危機も数知れず。でもそんな時、いつも祝福してくれた皆さんの顔が浮かびます。私達夫婦をここまでつないでくれたかけがえのない存在です」

世界でたった2枚のCDを作りたい!女子高校生の夢をお手伝い

1997年。高校3年生の女の子からお手紙が届きました。
「2人が作った曲をCDにしたい」
お手紙をくれたのは、当時指宿の高校に通っていた和田春美さんと脇園千誉さん。2人はCDデビューを目指してオリジナル曲を作りコンテストに応募しましたが、残念ながら2次予選で落選。その2人の思い出の曲をCDにしたいー。

当時はパソコンもインターネットもあまり普及しておらず、簡単はCDを焼く事ができなかった時代です。レコード会社など色々なところに問い合わせしてみましたが結果は散々。でも福岡のレコーディングスタジオが協力してくれる事になりました。

福岡でのレコーディングが無事終了。鹿児島に帰ってCDのジャケット作成です。日本を代表する数々のアーティストのCDジャケットを手がけるグラフィックデザイナーの西本和民さんが、ジャケット作成に協力してくれる事になりました。

CD完成の日。2人の友人に学校の先生の協力を得て、内緒でライブ会場を準備しました。ご両親も会場に呼んで、みんなでCD完成のお祝いです。ジャケットを作ってくれた西本さんが、東京から駆けつけてくれました。
オトナたちが、高校生の2人の夢に心を打たれた企画でした。

当時高校生だった2人にテレビ電話でお話を聞きました。現在ボーカルの千誉さんは、福岡在住の2人のお母さん。ピアノの春美さんは指宿でオクラ農家で3人のお母さんです。
当時ジャケット撮影をしてくれた、西本さんがテレビ電話にまたまたサプライズ登場してくれました。

「君たちの夢はね、人を巻き込んでるんだよ。一番大事なのは、夢を持つってことだよね。夢を持つから一歩前に出るんですよね。私の母も72歳でカメラとを触りました」
西本さんのお母さんは、あの話題の自撮りおばあちゃん、西本喜美子さんです。

なかなか思うように進めない毎日だけど、夢を持つ事は、いつでも、誰でもどんな時でも出来る。夢を持つ気持ち、忘れないでいたいですね。