番組表
ON AIR
ナマ・イキVOICE

美川 愛実・川路 あかり
OA/土曜 18:30~19:00 再放送/月曜 24:30~25:00

7月31日(土)「挑む夏!加治木高校吹奏楽部」

去年の夏、出場を予定していた吹奏楽コンクールが、コロナ禍で中止になりました。
ずっと待ち望んででいたコンクール。
今年こそは夢の九州大会に行きたい!
12分間のステージに2年分の思いをかける、加治木高校吹奏楽部の生徒たちの夏の記録です。

鹿児島県立加治木高校吹奏楽部の顧問 永井哲先生です。

2018年 金賞
2019年 金賞&九州大会推薦候補
加治木高校吹奏楽部は、永井先生の指導の下、県大会で2年連続金賞という成績をおさめる強豪校に成長しました。

2020年も県大会で「金賞」受賞と、「金賞」の中からさらに優秀校が選ばれる、九州大会への出場を目標にしていました。

ところが、新型コロナウイルスの感染拡大でコンクールは中止に。

今年は2年分の思いを背負って、初の九州大会出場を目指します。

先生が自由曲として選んだのは、クロード・トーマス・スミス作曲「ルイ・ブルジョアの賛美歌による変奏曲」です。

この曲の特徴は、
・音符が多い
・テンポが速い
・ハーモニーが複雑
・ソロ&デュオがある
高い演奏力が必要とされる難曲です。

「楽譜を見たときに、生徒が『こんなの出来ません』って言うんだけど、『練習すればできるようになるよ』と話します。」
 

「はじめは無理だと思うことでも、頑張れば出来る。」
曲を通して、先生が伝えたいことです。

 

「高校生たちが一生懸命充実してやってくれれば、そのあと大きく飛躍していってくれる。」
高校3年間の頑張りは、そのあとの人生にとても有意義なのだよと・・・。
 

生徒たちに先生の思いは届いているようです。
部長の濵田愛加(3年)さん。
「調子が悪くて吹きたくないときもあります。
逃げるのは簡単。でも、きょうの自分を後悔したくない。」

「コンクールの日の自分が、きょうの自分を誇りに思えるように。それを常に考えて頑張ってきました。」

そして、迎えた大会当日。
 

実は大会直前、ファーストソロ奏者が濵田さんから急遽変更となる事態が発生していました。
でも、濵田さんは「みんなを支えたい」とすぐに切り替えます。
 

映像提供(株)日本パルス

部員の思いは一つです。
この12分間のためにみんなで頑張ってきた・・・。
出場すらできなかった先輩たちの分まで頑張る。
九州大会へ行きたい!


 

映像提供(株)日本パルス

すべてを出し切って演奏しました。

 

あとは、結果を待つのみ。
九州大会に行けるのは、35校中3校です。

永井先生から結果が発表されます。
緊張の瞬間。


 

「鹿児島県代表加治木高校」
金賞と、悲願の九州大会への切符を手にしました!!

 

初めての九州大会。
おめでとう!!

夢の舞台への挑戦。

頑張ったことが、いつか将来の自分を支えてくれる。

加治木高校吹奏楽部の「挑む夏」は、まだまだ続きます。

「ソロの入れ替えで悔しい思いをしても、みんなを支えたいと言える濵田さんに、活を入れてもらったような気がします。」(美川アナ)
九州大会、張ってください!!