番組表
ON AIR
  • 3:47オープニング
  • 3:55テレビショッピング
  • 4:25テレビショッピング
  • 4:55テレビショッピング
  • 5:25めざましテレビ
  • 8:00めざまし8
  • 9:50ノンストップ!
  • 11:20ぽよチャンネル
  • 11:25ニッポン全国!ジモトPR隊
  • 11:30FNN Live News days
  • 11:50ぽかぽか
  • 13:50かごnew
  • 14:20テレビショッピング
  • 14:50KTSドラマスペシャル
  • 15:45Live News イット!第1部
  • 18:09KTSライブニュース
  • 19:00奇跡体験!アンビリバボー 仰天&爆笑!予想外の連発!マサカの大逆転SP
  • 21:00ホンマでっか!?TV
  • 21:54KTSニュース
  • 22:00婚活1000本ノック
  • 22:54九電グループpresents かごんま未来ノート
  • 23:00週刊ナイナイミュージック
  • 23:40FNN Live News α
  • 24:25チャンハウス
  • 24:55KinKi Kidsのブンブブーン
  • 25:25ぽよチャンネル
  • 25:30前原竜二の前向きチャンネル
  • 25:35じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜
  • 26:05テレビショッピング
  • 26:35テレビショッピング
  • 27:05天気予報
  • 27:06ぽよチャンネル
  • 27:09クロージング
ナマ・イキVOICE

美川 愛実・川路 あかり
OA/土曜 18:30~19:00 再放送/月曜 24:30~25:00

4月2日(土)旅立ちの春

2022年、旅立ちの春。
新たなステージへ一歩踏み出す人、見送る人。

笑顔と涙の旅立ちの先には、きっと輝く未来が待っているはず。

さまざまな思いが交錯する旅立ちの時に、カメラを向けました。

鹿児島中央駅

3月26日、鹿児島中央駅。
 
染めたばかりの明るい髪に
真新しいスーツを着た人たちの姿がいっぱい。

この春、高校を卒業した 18歳。
買ったばかりのスーツで先生たちへ最後の挨拶にいきます。

「国際大学の児童学科に。(将来は)保育士に」
「県外の医療センターに、助産師になりたいので」

3年間、一緒に過ごした二人は、4月から、それぞれの場所で夢を叶えます。

薬剤師を目指して 春から熊本の大学に進学する 18歳。
初めての1人暮らしが始まります。

「高校の時にできなかったバイトもしてみたいし、ワクワクもあるけど、1人暮らしだから不安のほうが大きい」

息子が福岡に就職するお母さん
 
息子「(仕事は)鉄鋼。工業高校に通ってました。」
(福岡に行く理由は??)
「都会だから 違う世界なのかなって」
 
お母さん「心配ですよね~ ちゃんと生活できるのかな」
 
18年間、ずっと一緒に暮らしてきました。
お母さん、きょうは一緒に福岡までいって引っ越し作業を手伝います。

こちらの女性は?

「今から 鳥取です。彼氏に会いに 半年ぶりくらい」

遠距離中の彼氏と久しぶりの再会です。
楽しんできてくださいね♪

こっちは 涙のカップル。
 
「ずっと彼女といたので、さびしいですね。毎日(連絡)するように約束をしました」
 
大学で出会って3年、遠距離恋愛のはじまりです。

松陽高校音楽部 18歳の2人の旅立ち・・・

いまから半年前―。
KTSの日

「大好きな歌」に情熱を捧げる2人の18歳と出会いました。

 松陽高校 音楽科。
2年間、コロナの影響で、大きな演奏会もコンクールもなくなって自由に歌えない日々が続いていました。

思うようにいかない毎日。
でも、彼女たちは諦めませんでした。

ホールでの開催が中止となった卒業コンサート。
学校で部員だけで 開きました。

卒業式、やっぱりまた歌のプログラムは中止になりました。

でも、特別に校歌の3番だけ歌うことが許されました。
40秒に3年分の思いをこめます。

歌えないことの悲しさ、そして、歌えることの喜びも知った3年間。

かっこいいおかあさんの背中をおいかけて、油田さんは看護学校に進みます。

ミュージカル女優をめざす荒川さんは音楽大学へ

諦めずに歌い続けた日々はきっと、
これからの彼女たちの背中を押してくれることでしょう

加治木高校 吹奏楽部

卒業式入場曲を必死に演奏する、後輩たち。
 

その音楽に合わせて、先輩たちは卒業のときを迎えます。

彼女たちと出会ったのは 去年の夏。
 
加治木高校吹奏楽部。
 
憧れの九州大会を目標に、来る日も来る日も吹奏楽に打ち込んでいました。

うまくいかないことの方が多かった毎日。
でも 彼女たちは絶対に弱音を吐きませんでした。

九州大会をかけた 運命の県予選。
九州大会に行けるのは、35校中3校です。

絶対に諦めない 彼女たちのまっすぐな思いが、加治木高校吹奏楽部をはじめての九州大会へと導きました。

濵田愛加 部長「この1カ月はもちろん、この3年間部活をしてきた自分をすごく誇らしく思います」

部長としての重圧を背負いながら、仲間のために走り続けた濵田さんも3年間過ごした学び舎をあとにします。

コロナの影響で最後の校歌も歌えず、マスクをしたままの卒業式でしたが、後輩たちの演奏が そっと背中を押してくれました。

20日後。
音楽室に、ちょっと大人になった先輩たちが帰ってきました。

先輩と後輩が 一緒に過ごす 最後の日です。

共に過ごした仲間と、大好きな曲を演奏することに決めました。
 
みんなで必死になって練習したあの頃を思い出しながら、演奏しました。

「ふるさと」

コロナ禍になってからの2年間、ずっと支え合ってきた 2・3年生が去年の定期演奏会で披露した 思い出の合唱曲です。
 

きっと、これから先、つらいこともいっぱい経験するかもしれないけど
 
でも、そんなときは思い出してほしい。

この場所で涙を流しながら、頑張ったことを、夢中になって駆け抜けたことを、、、
 

頑張ることの尊さを…
あと一歩、踏ん張ってみる勇気を…

夢に向かって真っすぐに突き進む彼女たちが教えてくれました。

イラフェス at アミュプラザ鹿児島

2022年6月17日(金)・18(土)・19(日)にアミュプラザ鹿児島で、イラストに特化したお祭り「イラフェス#01」を開催します。

オリジナルであればどなたでも参加できます。

あなたの遊びゴコロや彩りを自由なカタチで披露しませんか?

イラスト・アニメーション作品お待ちしています。

詳しくは下記のサイトをご覧ください。

イラフェス #01
ナマ・イキVOICE 公式Instagram
(番組で紹介した情報・お知らせなどを掲載中)