番組表
ON AIR
  • 3:53オープニング
  • 3:55テレビショッピング
  • 4:25テレビショッピング
  • 4:55テレビショッピング
  • 5:25めざましテレビ
  • 8:00めざまし8
  • 9:50ノンストップ!
  • 11:25ぽよチャンネル
  • 11:30FNN Live News days
  • 11:50ぽかぽか
  • 13:50かごnew
  • 14:20テレビショッピング
  • 14:50KTSドラマセレクション
  • 15:45Live News イット!第1部
  • 18:09KTSライブニュース
  • 19:00世界の何だコレ!?ミステリーSP
  • 20:54FNS27時間テレビ あと3日
  • 21:00ホンマでっか!?TV
  • 21:54KTSニュース
  • 22:00新宿野戦病院
  • 22:54九電グループpresents かごんま未来ノート
  • 23:00ナインティナインのオールナイトニッポンミュージック
  • 24:00FNN Live News α
  • 24:45FNS27時間テレビ カギダンススタジアム あと3日
  • 24:55挑戦中〜「逃走中 THE MOVIE」公開記念SP〜
  • 25:05小峠or田中 今日は俺がMCでお前がゲスト
  • 25:35坂道の向こうには青空が広がっていた。
  • 26:05ぽよチャンネル
  • 26:10前原竜二の前向きチャンネル
  • 26:15じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜
  • 26:45テレビショッピング
  • 27:15ライフィックステレビショッピング
  • 27:45クロージング
かごニュー
月~金曜日 ひる2時45分放送

12月21日(水)マジシャンから教わる“人生のヒント”

今回は、マジシャンに人生を楽しむヒントを教えてもらいました。
マジシャン・大迫元信さん(62歳)
今回の主人公は、大迫元信さん(62歳)。マジック歴45年のベテランです。大迫さんは、「マジシャンズクラブ鹿児島」でマジックを教えています。マジックは周りの人を笑顔に出来る。そんな喜びを求め、多くの人たちが集まってきます。

「マジシャンズクラブ鹿児島」のみなさんは大きな舞台でのショーを控えており、さらに、本番間近ということで大迫さんの指導にも熱が入っていました。ステージで完璧なショーをすることで、自信をつけてもらいたい。それが生きがいにもつながると考えている大迫さんは時には厳しく指導します。しかし、大事にしてほしいのは“笑顔”。“笑顔を忘れずに”というのは大迫さんが最も伝えたいメッセージです。

子どもの頃。マジックを見た瞬間、心が躍ったという大迫さんが、マジックを本格的に始めたのは大学生の時でした。周りの人が笑顔になるのを嬉しくて、段々とのめり込んでいきます。大学卒業後は教師の道へ。今度は、マジックで多くの子どもたちを笑顔にします。

定年が近づく頃、第二の人生もマジックでもっと笑顔の輪を広げていきたい。そう思っていた矢先、胃がんを患いました。手術は成功したものの、体調が戻らないまま定年退職。この先、どうやって生きていこうか。不安や絶望を感じたといいます。
そんなときに、救ってくれたのが「マジック」でした。自分のマジックで笑顔になってくれる、自分を必要としてくれる人がいる。このことが病気を乗り越える大きな力になりました。定年後、大迫さんは、県内のマジッククラブで講師を務め、多くの人にマジックを教えています。周りを笑顔にすることで、人生が豊かになる。そんな思いを届けています。

イベント当日。マジシャンズクラブ鹿児島のショーは練習の成果もあり、大成功!一人一人が、笑顔でパフォーマンスを行いました。マジックで笑顔を。その思いのバトンは見る人たちにしっかり届いていました。みんなを笑顔にしたい。大迫さんの周りの人への思いには、人生を楽しくするヒントがいっぱい詰まっていました。

 


年末大掃除 洗濯槽を丸洗い!
シャボン玉石けん 洗たく槽クリーナー
こちらの商品洗浄成分のシャボン玉石けんに加えて、市販の商品に使われている塩素系成分ではなく酸素系の発泡パワーで洗濯槽の汚れをしっかり落としてくれるんです。

まずは洗濯機に高水位まで給水します。その際、30度~40度ぐらいのぬるま湯を使うとより効果的だそう。洗濯槽クリーナーを入れたら、洗濯機を運転させて良く溶かします。後は汚れが落ちるのを待つだけです。
酸素系の発泡パワーでこびりついてた汚れを浮かして落とすこちらの商品。3時間つけるだけで汚れが浮いてきます。後は、落ちた汚れをすくい、洗濯⇒すすぎ⇒脱水を行って終了です。毎日使うからこそ、気にしておきたい洗濯槽の汚れ!皆さんも「シャボン玉石けん 洗濯槽クリーナー」使ってみてはいかがですか?