番組表
ON AIR
かごnew
月~金曜日 ひる1時50分スタート

7月10日(月)知覧町の豊玉姫神社「薩摩の水車からくり」を生中継

南九州市知覧町の豊玉姫神社から、「薩摩の水車からくり」上演の様子を生中継でお伝えしました。

豊玉姫神社の「水からくり やかた」で、国の無形民俗文化財として選択されている、「薩摩の水からくり」の上演が始まっています。
 

ことしの演目は「かぐや姫」。

「水車からくり人形」は、用水路にあるこの水車1台で、からくり人形の全てを動かしているんです。

水車の動力を伝えるベルト、木製の歯車、 歪輪 わいりん 、ツルギ、糸などで構成されていて、基本的に設計図はなく、全て長年の経験と勘で動かしています。

豊玉姫神社の宮司、赤崎千春さんに案内していただきました。

(赤崎さん)
江戸後期、神社の六月灯にあわせて、知覧の大工さんたちが作ってきました。

 

(赤崎さん)
天気に左右されやすく、てこ、歪輪など全て木製、ゆえに湿度が高いと止まりやすくなるんです。

舞台ではからくり人形が動いています。
演目は「かぐや姫」。
竹の中から見つかった、たいそう美しい娘の物語です。

むかしむかし、みやこの近くに、竹取り名人のおじいさんが暮らしていました。

ある日、、光る竹を見つけると、中にはかわいい女の子が入っていました。
名前を「かぐや姫」とつけました。

美しい娘に成長しますが、なぜか、だれとも結婚しませんでした。

八月の十五夜が近くなる頃、月を見上げては涙ぐむようになりました。

そして、うちあけます。
「私は、月の国のものです。十五夜に、月からのお迎えが来ます」と。

そして、月へと帰っていったのでした。

この豊玉姫神社の「薩摩の水からくり」の上演はきょうの夜10時まであります。
 

また、7月29日(土曜日)、「知覧ねぷた祭」にあわせて上演されます。
ぜひ、この素朴な手作り人形劇をご覧になってください。

豊玉姫神社