番組表
ON AIR
  • 4:17オープニング
  • 4:25KTS番組批評
  • 4:30テレビショッピング
  • 5:00ビタブリッドジャパンテレビショッピング
  • 5:30テレビショッピング
  • 6:00FNNニュース
  • 6:15GO!GO!チャギントン
  • 6:30アニアキングダム
  • 6:45ぽよチャンネル
  • 6:50テレビショッピング
  • 7:00ボクらの時代
  • 7:30日曜報道 THE PRIME
  • 8:55「絆の家」お宅拝見
  • 9:00逃走中 グレートミッション
  • 9:30ワンピース
  • 10:00ワイドナショー
  • 11:15ライオンのミライ☆モンスター
  • 11:45ぽよチャンネル
  • 11:50FNN Live News days
  • 12:00ソレダメ!
  • 12:55ウレスジ
  • 13:00有吉の世界同時中継
  • 13:55ぽよチャンネル
  • 14:00秋山ロケの地図
  • 14:50パリの街角
  • 15:00競馬BEAT
  • 16:00ぽよチャンネル
  • 16:05ニッポンわが町うどんMAP6
  • 17:20新・鉄路の旅
  • 17:30FNN Live News イット!
  • 17:56天気予報
  • 18:00ちびまる子ちゃん
  • 18:30サザエさん
  • 19:00千鳥の鬼レンチャン シェネル池ちゃんハロプロ関真美!歌姫SP
  • 21:00だれかtoなかい
  • 21:54KTSニュース
  • 22:00Mr.サンデー
  • 23:15S−PARK
  • 24:30深夜のハチミツ
  • 25:00テレビショッピング
  • 25:30テレビショッピング
  • 26:00天気予報
  • 26:01ぽよチャンネル
  • 26:04クロージング
かごnew
月~金曜日 ひる1時50分スタート

6月16日(金)きょうは 和菓子の日! 鹿児島の和スイーツ大特集

6月16日は、和菓子の日。
きょう主役の和菓子を特集しました。

なぜ、和菓子の日か

由来はさまざまあるのですが、平安時代中期の西暦848年、 仁明 にんみょう 天皇が、神のお告げにより、6月16日に16個の菓子や餅などを供えて、厄除けや健康招福を祈願したことが「和菓子の日」の起源とされています。

季節を感じる、鹿児島の和スイーツを紹介しました。

リッチモン松元・出水市高尾野町

九州でも数人しか取得していない資格をお持ちの、職人がいると聞いてやってきました。

和菓子を作り続けて74年の歴史を持つ、出水市の「リッチモン松元」。

ショーケースには、饅頭などの和菓子が並びます。
昔から、地元の方の誕生日や記念日に寄り添ってきたお店です。

中でも力を入れているのが、和菓子のひとつ、登録無形文化財に登録されている、「 煉切 ねりきり 」という生菓子です。

「煉切」とは、白あんに砂糖、山芋などのつなぎを加え、練った白あんの生菓子です。
 

「木製のへら」などを補助的に使いながら、職人の技によってひとつひとつ丁寧に作られる、日本の伝統的な製菓技術です。

作っているのは、3代目の松元政喜さんです。
創業74年のリッチモン松元は、おじいさんの代から始まり、お父さん、そして政喜さんへと受け継がれてきました。

子供の頃から、和菓子の道へ進むことを決めていた政喜さん。

東京や埼玉などで修行を重ね、九州には数名しかいないという、全国和菓子協会の「選・和菓子職」に認定されました。
さらに、厚生労働省の「和菓子一級技能士」の資格も取得しました。

蛍籠
 

薫風

清流

清流をアユが泳いでいる姿が表現されています。

上生菓子 各320円

四季の移ろいを目や口で楽しむ、日本伝統の和菓子。
​是非ご堪能ください。

 

住所 出水市高尾野町柴引7-5   
電話 0996-82-0145
営業 午前9時~午後6時
休み 火曜日

リッチモン松元

きくすい堂・姶良郡湧水町

一風変わった和菓子があると聞いて訪ねたのは、湧水町にある創業61年の和洋菓子店「きくすい堂」です。

店内は、色とりどりの和菓子がずらり。

その中で、これからの季節にぴったりの和菓子がありました。

くずバー

和菓子なのにアイス?

現在、フレーバーはサイダー・マンゴー・ストロベリー、バナナやピーチなど7種類。
 

夏のフルーツが楽しめます。

見た目はアイスですが、常温でも溶けないから、ゆっくり味わって食べられます。

原料のくず粉は、秋の七草の一つ、「クズの根」由来のデンプンを精製して作られる、食用の粉。
 

くず粉に、水飴や水、フルーツのペーストを混ぜ、果肉がぎっしり敷き詰められた型に凍らせて作ります。

そして、このくずバーには、「日本名水百選」のひとつに選ばれている、丸池の湧き水が使われています。
 

湧水町自慢の丸池湧水は、水の硬度や含まれている成分が、和菓子作りにぴったりなんだそうです。

今後は、新しい味の追加も予定されているとのこと。
地域への思いが込められた、新感覚のアイス。
みなさんも、味わってみてください。

住 所 姶良郡湧水町木場200
電 話 0995-74-2164                
営 業 午前8時30分~午後7時30分
定休日 火曜日

御菓子司きくすい堂

おはぎカフェ R.むらさき ・鹿児島市吉野町

鹿児島市吉野町の閑静な住宅地の中に、今年オープンした和菓子店です。

自宅を開放して始めたというカフェ。
メニューは「おはぎ一拓」のおはぎ専門店なんです。

「おはぎ」と言っても、種類は様々です。
 

見た目も楽しい、色とりどりのおはぎセット。

おはぎセット 880円

定番のこしあんに加え、クチナシでビタミンカラーに色付けし、ユズをトッピングしたおはぎ。

 

そして、同じく白あんにクチナシを使い、紫に色付けし、紫陽花を表現。
中に、レモンピールを包み込んだおはぎです。

7種類のおはぎを、月替わりで提供しています。

もともとは、歯科助手として働いていた、オーナーの内山さん。
独学で、おはぎ作りを勉強しました。
 

退職後に始めたアクセサリー教室で、お茶うけに出したおはぎが好評だったことが、お店をオープンさせるきっかけになったのだそうです。

隠れ家的な、おはぎカフェ。
是非、お出かけください。
​おはぎは、テイクアウトも可能です。

テイクアウト 7個入り 1450円

住所 鹿児島市吉野町8645-1
電話 080-2746-8761
営業 木・金・土曜日・第3日曜日 
   午前11時~午後4時

​おはぎカフェ R.むらさき