番組表
ON AIR
かごニュー
月~金曜日 ひる2時45分放送

3月10日(木)きょうは砂糖の日。鹿児島の甘い味付けにはワケがあった

3月10日は、語呂合わせで砂糖の日!
鹿児島と砂糖の歴史など、お伝えしました。

昔の人たちにとって、砂糖は何ものにも代え難い貴重品。
貿易の拠点として、多くの砂糖が鹿児島へ入って来たので、かつては砂糖専門店が多く並んでいたんだそう。
その中で、今も唯一営業を続けているのが、原田商店です。

創業70年。
お店では、奄美大島で製造が始まった黒砂糖を、量り売りで販売しています。
 

原田商店

住所 鹿児島市名山町3-16
電話 099-222-1918


…・*。…*…⁂.。…⋆…・*。…*…⁂.。…⋆…
 

全国でも、トップクラスに甘いと言われている鹿児島のしょうゆ。
いちき串木野市で、味噌やしょうゆを製造している「吉村醸造」でお話を伺いました。

 

こちらのしょうゆの甘さは、アミノ酸液と砂糖を配合してからなんだそうです。

 

塩分濃度も抑えめです。
関東などで使われる一般的なしょうゆが、塩分濃度およそ17パーセントなのに対し、鹿児島のしょうゆは、およそ14パーセント。
より甘味を感じる作りになっています。
 

最近、ネット販売も始めたところ、県出身の方はもちろんなんですが、県外に住む子どもさんやお孫さんが「しょうゆが合わない」ということで、送るという人も多いそうです。
 

吉村醸造 

住所 いちき串木野市大里3868
電話 0996-36-3121
   

醤油屋のしんこだんご 110円/1本 (税込)
醤油アイス      330円(税込)
   ※全てイートインの場合