番組表
ON AIR
かごニュー
月~金曜日 ひる2時45分放送

11月12日(金)鹿児島の秋を告げる「仙巌園の菊まつり」特集

開催中の「仙巌園 菊まつり」の様子をお伝えしました。

菊は「仙境に咲く霊薬」として、邪気を払い長寿の効能があると信じられて来た花なんだそうです。
 

菊まつりの会場の島津家別邸仙巌園は、360年以上前、19代当主島津光久公によって築かれました。
 

およそ1万5千坪の広大な敷地内では、四季折々のイベントが開かれています。
 

そんな仙巌園が鹿児島に秋を告げるイベントが、「菊まつり」です。

仙巌園の広報を担当している、鶴園なつみさんに案内していただきました。
 

鹿児島県菊花連盟の品評会に出品された菊が並んでいます。
花を正面から見ると、手前の列から奥にかけて少しずつ背が高くなっています。


 

すべて既定の高さまで調整し、同じ列の花は同じ大きさに。
 

さらに、出来るだけ大輪に咲かせるのが重要で、菊をこのように育てるのは難しいのだそうです。
 

仙厳園オリジナルの展示場では、今年は「菊まつりのテーマ」を募集して、飾りつけをしたそうです。
 

リクエストを受けて作られたのが、西郷どんと篤姫さまの菊人形です。
 

​1体につき、およそ1000本の菊の花が使われています。
 

期間中に、菊の花を入れ替える作業もあるそうなので、これを見られたらラッキーですね☆
 

菊まつりと一緒に見てね♥

菊まつりを楽しみながら、園内を散策♪
鶴園さんおすすめのスポットを紹介していただきました。

錫門

・お殿様とお世継ぎしか使用できなかった。
・海の近さを感じておすすめ。
・天気が良いときは開聞岳も望める。

御居間

・お殿様が仕事や昼食時に使用していた部屋。
・「御居間」から見える桜島が素晴らしい。

 

両棒餅(ぢゃんぼもち)

​園内を散策していると、香ばしく甘い香りが漂ってきます。   

鉄板の上で焼かれる一口サイズの餅。
焼き立てに、竹を刺して。。。
 

そう、鹿児島を代表するお菓子、両棒餅(ぢゃんぼもち)です。

両棒餅 しょうゆ/みそ ※みそはオリジナルの合わせみそ
     6本:360円 (税込)
    10本:600円 (税込)
    
    こくとう ※奄美産黒糖を使用
     6本:480円 (税込)
    10本:800円 (税込)

仙巌園では、つきたてのモチで頂けるんですよ~。
 

味は、昔ながらの「しょうゆだれ」と、仙巌園オリジナルの「みそだれ」、そして「こくとうだれ」の3種類。

 

​お好みを2つ選べるセットもあります。


 

仙巌園の菊まつりは、今月23日まで開催中です。
 

秋を感じる休日、ご家族やお友達といかがですか~。
 

​ 仙巌園

住所  鹿児島市吉野町9700-1
電話  099-247-1551
入園料 高校生以上 1000円 (税込)
    中学生以下 500円 (税込) 
    ※御殿に入場の場合は別途必要です
営業  午前9時〜午後5時

仙厳園ホームページ