番組表
ON AIR
かごニュー
月~金曜日 ひる2時45分放送

11月6日(金)いい歯の日。視聴者の歯の質問に歯科医師が答える!

11月8日は「いい歯の日」。番組では、歯の健康について特集!「食後のガムは虫歯予防に効果的なの?」や「知覚過敏を治したい!」など視聴者から募った歯の悩みを歯科医が生放送で回答。また、マスク着用が歯や口内に与える意外な影響があるという指摘も詳しく解説!

長谷川先生の一問一答!歯の質問箱

はせがわこども歯科の長谷川先生に伺いました。

Q)知覚過敏の治し方を知りたい!
 A)使用しているハミガキ粉の成分を見られてみてはいかがでしょうか?例えば、研磨剤入りの歯磨き粉は歯の着色汚れを落とすのに効果は高いですが、歯や歯茎に刺激を与えてしまいます。なので研磨剤が入っていない物を使用した方がいいです。知覚過敏用のハミガキ粉などを使っても病状が続くようでしたら歯科医院の治療をおすすめします。
 
​Q)大人なっての矯正・歯を抜かずにできる?
 A)正常ではない噛み合わせのことを不正咬合(ふせいこうごう)と言うんですが、それが軽度であれば歯を抜かずに治療できる可能性があります。なので一度歯科医院で診断を受けてみられてはいかがでしょうか?
 

Q)舌磨きは何の効果があるの?
 A)舌が白くなることを「舌苔(ぜったい)」と言い、この舌苔は最大の口臭源で口臭の6割が舌苔から発生します。なので舌磨きは大切になります。
舌の磨き方で気を付けることは?舌磨き専用のブラシを使用してください。奥から手前に優しく磨いてください。1日1回、朝行うのが効果的です!
 
​Q)1本、歯が生えてこない。隙間がないから?
 A)隙間がないから生えてこない場合もありますが、歯がおかしな向きに生えようとしたり、歯自体が欠損している場合なども考えられます。まずは病院でレントゲンを撮ることをオススメします。
 
​Q)虫歯になりにくい歯ってあるの?
 A)虫歯になりにくい歯はあります。酢の作用に抵抗して変化しにくい性質のことを耐酸性というんですが、それが高く、尚且つ唾液の力が強い場合は虫歯になりにくいんです!あくまで虫歯なりにくい。ということなので通常行うケアはしっかり行ってほしいと思います。

コロナ禍での病院の対策

長谷川先生の働く歯科医院へ。来られた患者さんには、検温は勿論、
問診表の記入などに協力してもらっています。
病院に行かず治療期間を空けてしまうと、治療を中断することで虫歯などの進行が進み治療期間が長引く場合があるので、先生と相談して治療を続けることが良いでしょう。
<はせがわこども歯科>
 住所: 鹿児島市紫原4-30-15
 電話: 099-812-6030

マスク着用による歯の影響

マスクをしている時は、結構、口呼吸になります。その口呼吸によって「歯並び・噛み合わせが
悪くなる」という影響が懸念されています。上あごにベロがついていますよね!これが本来の
形なんです。上あごについてしっかり鼻呼吸をすることで上あごが大きくなります。
しかし口呼吸の場合にベロは、どうなるかと言うと、口を開けている状態だとベロが、『下あご』にあるんです。

下あごにベロがあると上あごが小さくなり並びが悪くなる。上あごに合わせて下あごは更に小さくならないと、噛むことができないので歯並びに影響があると言われています。 小さな子供はまだ顎の成長が完成されていないので、より注意が必要です。

口呼吸では口の中が乾燥してしまい、虫歯菌や歯周病菌が増殖しやすいんです。 また、乾燥することで汚れ自体が固くなってしまい、歯ブラシでは落ちにくくなり、虫歯や歯周病の原因に
繋がります。
これから冬に向かって空気が乾燥して来るのでより気を付ける必要があります。この時期はインフルエンザが流行しやすい季節ですが、実は口の中のケアで抑えられるとされています。なのでコロナに関しては立証されていませんが、ウイルスという意味では一緒なので心掛けてほしいと思います。

あなたの知識は合ってる?歯の常識クイズ~!

第1問。「食後、ハミガキはどのタイミングでしたらいい?」
正解は「すぐ」です。健康な人の歯は溶けやすい状態ではないため、食後すぐにしてもらえればと思います。

第2問「1つの歯を磨くのに効果的な回数は?」
正解は10回~20回。少なすぎで汚れがとれない・50回以上は歯茎などを傷つます。

3問目  「虫歯予防として食後のガムは効果的?」
正解は効果的です。ガムを噛むことで唾液がたくさん出るので、虫歯予防に効果があります。ただ、砂糖が入っている物はダメです。キシリトールを使った物にしてください!

正しい歯磨きの仕方

奥の歯に真っ直ぐ当てて1つの歯を10回~20回磨いていきます。
前歯がデコボコしている方はタテに磨くとしっかり汚れがとれます。
※奥の歯の表面~最後は噛み合わせ~糸ようじなどで仕上げます。