番組表
ON AIR
かごニュー
月~金曜日 ひる2時45分放送

10月27日(火)プロが教える!コーヒーの楽しみ方

ホットコーヒーがおいしい季節になってきました。実は国際協定によって、コーヒーの新年度が始まるのが10月とされています。さらに日本では秋や冬の時期に需要が高まることから、全日本コーヒー協会によって10月1日が「コーヒーの日」と定められています。

プロ直伝!おいしいコーヒーのいれかた

スタジオにはイソコーヒースタンドの富田幸子さんにお越し頂きました。富田さんはコーヒーの業界に入って約20年。今は伊集院でコーヒースタンドを経営しています。

●蒸らす→おいしい成分を引き出す
粉全体にお湯が浸み込む程度に注いで蒸らします。「蒸らし」は、コーヒーのおいしい成分を引き出すための大切な工程。蒸らしたら、内側から外側に円を描くように少しづつ残りのお湯を注ぎます。
コーヒーが膨らむのは、コーヒーに含まれるガスが放出されているから。ガスを出すことでコーヒーとお湯がなじみやすくなります。

●最後まで出しきらずにドリッパーをはずす
様々な入れ方がありますが、必要な量を入れたら最後まで出しきらないでドリッパーを外すのが初心者にはオススメ。

●濃さを均一にするため混ぜる
味の濃さを均一にするため混ぜます。

よりコーヒーを楽しむための豆の選び方

コーヒー豆は大きく分けて3種類(浅煎り・中煎り・深煎り)です。

浅煎り豆は爽やかな酸味があるのが特徴。苦いのが苦手な人にオススメ。シフォンケーキや焼き菓子との相性がいい。生のフルーツを使ったスイーツにも合います。

中煎り豆の特徴は酸味や苦み、甘みのバランスがよく飲みやすい。さまざまな料理やスイーツに合います。

深煎り豆は苦みが特徴。酸味が苦手な人は深入りコーヒーだと飲みやすいそうです。スパイスのきいた食事(カレーなど)や、乳成分たっぷりのスイーツに合います。

カゴシマコーヒーフェスティバル

県内の様々なカフェが一同に集まりコーヒーやグルメを楽しんでもらうイベント、カゴシマコーヒーフェスティバルが11月7日と8日に開催されます。
鹿児島市は全国的にみてコーヒーの消費量が少ないです。少しでも鹿児島の美味しいコーヒーに親しんでもらうという目的で企画されました。

【カゴシマコーヒーフェスティバル】
11月7日(土)、8日(日)マルヤガーデンズ
7階 屋上庭園ソラニワ他、4階 ユナイトメントガーデン

【マルヤガーデンズ】
住所:鹿児島市呉服町6-5
TEL:099-813-8108

マルヤガーデンズで開催されるということで、天文館はちみつを使った新スイーツを販売します。
 

​またラテアート大会が開催されます。ラテアートの世界チャンピオンの入れたラテを楽しむこともできます。(※事前の申し込み必要)

沖永良部島で国産コーヒーを栽培している東さつきさんのトークショー(※事前の申し込み必要)や、絵本「えんとつ町のプペル」の読み語りもあります。

【ラテアート大会 観戦会】
11月7日(土)午後4時~午後8時 ※申し込みが必要
入場料:4800円(税込)