番組表
ON AIR
  • 3:52オープニング
  • 4:00テレビショッピング
  • 4:30サン・クロレラジャパンテレビショッピング
  • 5:00テレビショッピング
  • 5:30THEフィッシング
  • 6:00めざましどようび
  • 8:30土曜はナニする!?
  • 9:55サスティな!
  • 10:30テレビショッピング
  • 11:00りらいぶテレビショッピング
  • 11:30極める!!バーベキュー道
  • 11:45週末えり得情報
  • 11:50FNN Live News days
  • 12:00YOUは何しに日本へ?  年々増加している訪日外国人。番組では、外国人たちの日本への玄関口、空港で勝手にお出迎えして直撃取材を敢行!!前代未聞の空港アポなしインタビューをやりまくりました。時には、空港を飛び出して、客船の港、イベント会場でもYOUに直撃インタビュー!
  • 13:25ぽよチャンネル
  • 13:30デカ盛りハンター予習復習SP
  • 14:00HAWKS BASEBALL LIVE 2024 ソフトバンク×西武
  • 15:55ぽよチャンネル
  • 16:00飯尾和樹のずん喫茶
  • 16:30秋山ロケの地図
  • 17:25わんにゃん+ かごしま
  • 17:30FNN Live News イット!
  • 18:00おかべろ  岡村隆史(ナインティナイン)が、と ある飲食店の常連客として店に訪れた有名人に質問していくという“シチュエーション トークバラエティー”!
  • 18:30ナマ・イキVOICE
  • 19:00THE SECOND〜漫才トーナメント〜2024
  • 23:10さんまのお笑い向上委員会
  • 23:40<土ドラ>おいハンサム!!2
  • 24:35すぽると!
  • 25:15あちこちオードリー
  • 26:05ゴリパラ見聞録
  • 26:35ディノスTHEストア
  • 27:05テレビショッピング
  • 27:35天気予報
  • 27:36ぽよチャンネル
  • 27:39クロージング
かごnew
月~金曜日 ひる1時50分スタート

11月14日(火)子ども中心に流行中のインフルエンザ、県内の状況は

県内に、インフルエンザ流行発生注意報が発令されています。
感染の中心が子どもたちということで、その現状を小児科に取材しました。

インフルエンザ、若年層を中心に感染拡大中

先月26日に流行発生注意報が発令されて以降、感染の拡大が続いています。
今年は、7月に1回目のピークがあり、その後は減少していました。
ところが、10月に入って感染が増加に転じ、3週連続で増え続けています。
今年は、夏にインフルエンザが流行するという、過去に例のない状況がありました。
そして、今の時期の流行も、例年と比べて3カ月近く早く、異例といえます。
 

【感染者の年代別の割合】
最も多いのが、10歳未満でおよそ5割。
続いて、10歳から19歳で、およそ3割です。
つまり、20歳未満がおよそ8割を占めていて、若年層の感染拡大が顕著となっています。

現状について、医師に取材

子どもたちを中心に、インフルエンザが広がっている現状について、鹿児島市の小児科を取材してきました。
鹿児島市にある、「大坪こどもクリニック」です。

待合室には、診察を待つ多くの親子の姿がありました。

診察に当たるのは、院長の大坪修介先生です。

(大坪先生)
7月のピークから落ち着いていたが、ここにきて近くの学校で学年・学級閉鎖があるなど、また増えてきている印象があります。
 

この日、発熱で受診した小学3年生の男の子の検査をしたところ、インフルエンザに感染していることが分かりました。

インフルエンザとは、どんな病気?

そもそも、インフルエンザとはどのような病気なのでしょうか。

特徴・高熱】

(大坪先生)
一般的な風邪と比べて、熱が急激に出ます。
インフルエンザの特徴としてまず挙げられるのが、「高熱」です。
多くは、38℃以上の熱が出ます。

【特徴・全身の症状を伴う】

(大坪先生)
そして、せき・鼻水などの風邪の症状だけでなくて、頭痛や全身の倦怠感が続いて、さらに筋肉痛・関節痛が出るなど、全身の症状を伴うのが特徴です。
 

特に子どもは、中耳炎を併発したり、高熱によるけいれんや気管支喘息になったりすることもあります。
 

【特徴・異常行動】

(大坪先生)
夜中に発熱して、興奮して何を言っているのか分からなかったり、外に出ようとしたりといった、「熱せん妄」という異常行動が子どもを中心に見られることもある。

特徴命に関わる危険も

さらに重症化すると、命に関わる危険もあると先生は話します。

(大坪先生)
私たちが一番気を付けるのが、インフルエンザ脳症ですね。

インフルエンザ脳症とは

インフルエンザ脳症とは、インフルエンザの感染によって起こる脳症で、主に1歳から5歳の幼児でリスクが高いとされています。

(大坪先生)
意識が戻らなかったり、後遺症が残る場合がある。

インフルエンザ脳症を疑う3つの症状

症状は、大きく3つに分けられます。

【1、けいれん】
15分以上続いたり、何度も繰り返したりする場合に、脳症が疑われます。

【2、意識障害
もうろうとして視線が合わなかったり、痛みにも反応しないなどが挙げられます。

【3、​異常行動
あるはずのないものが見えるなどの幻覚や、意味の分からない言葉を発するなど、いつもと違う様子が1時間以上にわたってみられます。

これらの症状に当てはまる場合は、すぐに医療機関へ連絡し、受診してください。

(大坪先生)
めったにないが、注意して見ておいてほしい。
予防接種をして、基礎免疫を上げておくことが大事。

看病時に注目すべき点

・意識障害
・繰り返す嘔吐
・呼吸困難

 

(大坪先生)
顔色が悪かったり、元気がない、ぐったりしている、食べてくれない、食欲がない、好きなものも食べてくれない。
そのような場合は、すぐに医療機関を受診するようにお願いします。

インフルエンザ脳症については、大坪先生が今までに、数千人のインフルエンザの子どもたちを診てきた中で、発症したのは数人程度だということなので、過剰に恐れなくてもよさそうです。
しかし、その危険性については知っておく必要があります。

【以下の状態であれば、慌てずに見守る】

・意識がしっかりしている
・食事がとれている
・呼吸が落ち着いている

大人が適切に対応できるよう、感染症について知識を持っておくことが大切ですね。