番組表
ON AIR
  • 3:47オープニング
  • 3:55テレビショッピング
  • 4:25ディノスTHEストア
  • 4:55テレビショッピング
  • 5:25めざましテレビ
  • 8:00めざまし8
  • 9:50ノンストップ!
  • 11:20ぽよチャンネル
  • 11:25国分太一の気ままにさんぽ
  • 11:30FNN Live News days
  • 11:45ポップUP!
  • 14:45夏休みスペシャル 恐竜くんの地球だいすき!ダイナソー
  • 15:15テレビショッピング
  • 15:45ぽよチャンネル
  • 15:50KTSドラマスペシャル
  • 16:50Live News イット!
  • 18:09KTSライブニュース
  • 19:00ネプリーグ
  • 20:00あしたの内村!!
  • 21:00競争の番人
  • 21:54KTSニュース
  • 22:00魔法のリノベ
  • 22:54匠の蔵 History of Meister
  • 23:00突然ですが占ってもいいですか?
  • 23:40FNN Live News α
  • 24:25ぽよチャンネル
  • 24:30ナマ・イキVOICE
  • 25:00ぽよチャンネル
  • 25:05ダイアンの絶対取材しない店
  • 25:35テレビショッピング
  • 26:05<FNSドキュメンタリー大賞>
  • 27:00テレビショッピング
  • 27:30天気予報
  • 27:31ぽよチャンネル
  • 27:34クロージング
かごニュー
月~金曜日 ひる2時45分放送

6月21日(火)唐船峡そうめん流しのめんつゆを特集!ある秘密とは

鹿児島も梅雨真っ只中ですが、ツユはツユでも「めんつゆ」。
唐船峡の「めんつゆ」の秘密を探りました。

鹿児島の夏の風物詩、“そうめん流し”。
 

指宿市営唐船峡そうめん流しには、年間およそ20万人が訪れます。
 

夏が近づくと食べたくなる、お馴染みのそうめん流し。
 

みんな大好きそうめん流しですが、唐船峡のそうめん流しの「めんつゆ」と、市販の「涼味唐船峡めんつゆ」は別物という情報が!!

そこでまず、そうめん流しの厨房へお邪魔しました。
 

指宿産のカツオ節と北海道産の利尻昆布などで出汁を取ります。
そのあと、取った出汁を天然の湧水で冷やすと、味が凝縮するんだそうです。
 

​冷ました出汁と秘伝の返しを混ぜ合わせて、そうめん流しの「めんつゆ」は作られています。
 

一方、市販の「めんつゆ」はというと。
 

同じ敷地内にある、唐船峡食品さんを訪ねました。
 

​お話を伺ったのは、若山恵子会長です。
 

唐船峡と同じ商品名がついているにも関わらず、そうめん流しの「めんつゆ」と味が違うのは本当?
 

​原材料を比較してみると、確かに違うことがわかりました。
そうめん流しの「めんつゆ」は、作ってすぐに提供できますが、市販のものは消費者のもとに届くまでに時間を要するため、材料などが違うのだそうです。
 

​それでは、味はどうなんでしょうか?
2つの「めんつゆ」を食べ比べてみると。
 

そうめん流しの「めんつゆ」のほうが、カツオ出汁の香りと甘さがやや強いという印象で、それぞれのおいしさがあります。
 

比べてみると、2つの「めんつゆ」は​確かに味が違います。
 

調査の結果、市販の唐船峡めんつゆは
別会社の唐船峡食品が作っており、
使用する原材料も同じではなかったんです。

 

ところで、市営のそうめん流しが今年60周年を迎えるにあたり、一台限りの「光るそうめん流し」器を設置しているそうです。
 

指宿市営唐船峡そうめん流し

住所 指宿市開聞十町5967
電話 0993-32-2143

A定食 1680円
(そうめん、マス塩焼き、鯉こく、おにぎり2個、鯉のあらい)

ぜひお出かけください。
 

 

唐船峡食品
 

住所 指宿市開聞十町5955-1
電話 0993-32-5240

涼味唐船峡めんつゆ 302円 ※メーカー希望小売価格