番組表
ON AIR
  • 3:52オープニング
  • 4:00サン・クロレラジャパンテレビショッピング
  • 4:30テレビショッピング
  • 5:00ビタブリッドジャパンテレビショッピング
  • 5:30THEフィッシング
  • 6:00めざましどようび
  • 8:30土曜はナニする!?
  • 9:55サスティな!
  • 10:25かごナビ
  • 10:30テレビショッピング
  • 11:00りらいぶテレビショッピング
  • 11:30チャンネル8
  • 11:45週末えり得情報
  • 11:50FNN Live News days
  • 12:00YOUは何しに日本へ?  年々増加している訪日外国人。番組では、外国人たちの日本への玄関口、空港で勝手にお出迎えして直撃取材を敢行!!前代未聞の空港アポなしインタビューをやりまくりました。時には、空港を飛び出して、客船の港、イベント会場でもYOUに直撃インタビュー!
  • 13:25ぽよチャンネル
  • 13:30超スゴ!自衛隊の裏側ぜ〜んぶ見せちゃいます!初公開連発SP
  • 15:25サ道2023SP
  • 16:25Smart×LIFE
  • 16:30マルコポロリ!
  • 17:25わんにゃん+ かごしま
  • 17:30FNN Live News イット!
  • 18:00おかべろ  岡村隆史(ナインティナイン)が、と ある飲食店の常連客として店に訪れた有名人に質問していくという“シチュエーション トークバラエティー”!
  • 18:30ナマ・イキVOICE
  • 19:00芸能人が本気で考えた!ドッキリGP
  • 20:00新しいカギ
  • 21:00土曜プレミアム
  • 23:10さんまのお笑い向上委員会
  • 23:40<土ドラ>おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!
  • 24:35S−PARK
  • 25:15あちこちオードリー
  • 26:05ゴリパラ見聞録
  • 26:35ディノスTHEストア
  • 27:05テレビショッピング
  • 27:35天気予報
  • 27:36ぽよチャンネル
  • 27:39クロージング
かごnew
月~金曜日 ひる1時50分スタート

5月20日(金)挑戦する女性たち✨70代からのチャレンジ

挑戦を続ける女性たちを特集しました。

🎀挑戦を続ける女性🎀お米の美味しさを届けたい!

農林水産省によると、国民1人あたり年間の米の消費量は、1970年から減少傾向にあります。

原因としては、人口減少のほか、『単身世帯』や共働き世帯が増加し、お総菜などの中食や外食が増加。家でご飯を炊く機会が減ったことが挙げられるそうです。
 

鹿児島市南郡元町にある大内田商店。
創業明治42年で、110年以上続く米店です。

お米マイスターの資格をもつ4代目の和昭さんと、妻の朋子さんで経営しています。

店内ではマイスター、つまりお米博士が認めた米のみを販売しています。

おいしいお米を様々な形で味わってほしいと、「食べ比べ出来るギフトセット」。
 

また​出産祝のお返し用に、赤ちゃんの出生時の体重と同量のお米を詰めた「だっこBABY米」なども販売しています。

しかし、お米の消費量減少に加え、コロナ禍で売上がさらに減少してしまいます。

そんな中、お米のおいしさを広めようとチャレンジを始めたのが、和昭さんの母の相子 あいこ さんです。

相子さんが先月から始めた人生GO!なチャレンジとは?

🍙店頭での「おにぎり」販売🍙

お米一筋、創業113年の大内田商店で、初の試みです!

 

メニューは、10種類ほど。
厳選した素材を使っています。

この日の塩むすびには、甘みが強い新潟米の「新之助」を使用しました。
 

1番人気は、玄米を使用したおにぎりです。
 

その他、ピクニックに行きたくなるような「おにぎり弁当」もあります。
 

挑戦はまだ始まったばかりですが、相子さんが丹精こめて握るおにぎりに、リピーターが増えてきているそうですよ!
 

🍚大内田商店🍚
住所 鹿児島市南郡元町18-14
電話 099-254-3854
営業 午前9時~午後6時
休み 日曜日・祝日

🍙おにぎりの販売🍙
午前11時~売切れ次第終了 ※月曜日休み
※購入の際はお店にお問い合わせください

 

🎀挑戦を続ける女性🎀花の魅力を日本中に広めたい!

黄色、白、ピンクなど多彩で美しい花を咲かせる、ブラジルの国花「イペー」。
「イペー」に魅了され、自宅の庭で栽培をしている女性がいます。
 

前田 賞子 よしこ さん(78歳)です。

賞子さんは、庭でおよそ10種類のイペーを200本ほど栽培しています。

賞子さんのご主人が仕事でブラジルに赴任した際に、イペーの美しさに魅了され日本に持ち帰って、13年前から栽培を始めたそうなんです。
 

イペーは寒さに弱いため、ブラジルから取り寄せた種に電気毛布をかけるなど、試行錯誤を繰り返したそうです。

 

その結果、これまでなかった新種の栽培にも成功しました。
「池前アルバ」と名づけ、商標登録もしました。

 

ご主人は、この美しい花を皆に知ってもらいたい、日本中に広めたいと、県内外に苗木や種を送って普及活動を行ったそうです。
しかし夢半ば、3年前に他界されました。

賞子さんは悲しみを乗り越え、ご主人の遺志を引き継ぎました。
人生GO!なチャレンジの始まりです。
 

💐​イペーの美しさを日本中に広めたい💐というチャレンジは、少しずつ前に進んでいます。
 

ご夫妻のイペーは、県内のフラワーパークや大隅湖にも植えられているそうです。
来年の4月の開花が今から待ち遠しいですね!