番組表
ON AIR
かごニュー
月~金曜日 ひる2時45分放送

8月13日(金)「夏休み特別編④ 暑い夏を吹き飛ばせ!夏バテ解消グルメ」

夏休み特別編最終日は、霧島市福山町の壺畑からお届けしました。
壺作りの黒酢を紹介。
特集の「夏バテ解消グルメ」では、福山町のレストランで黒酢を使った酢豚料理をいただきました。
この他、公認スポーツ栄養士が監修する「ピリ辛肉みそ山かけうどん」やカフェの夏野菜カレーも紹介しましたよ~♪

霧島市福山町の坂元醸造

霧島市福山町。坂元醸造の壺畑です。
黒酢が入った壺の数はなんと、5万2000個だそうです。
圧巻!

 

江戸時代から続く伝統的な製法で、およそ200年続いています。

熟成度合いで、まったく違った風味を味わうことができるんです。

彩りランチ 1980円(税込)
黒酢をふんだんに使っています。

霧島市福山町福山3075

電話番号:0995-54-7700
営業時間:午前10時~午後5時(レストラン)

メインの酢豚

佐々木気象予報士は、サラダをいただきます。
「黒酢のドレッシング?おいしい~♪」

タマリさんは、食前酢で食欲もりもり!!

公認スポーツ栄養士監修・ピリ辛肉みそ山かけうどん

教えてくれるのは、KAGO食スポーツの田畑さんです。
アスリートからスポーツを楽しむ人まで食でサポートする管理栄養士。
食のスペシャリストです。

【肉みそ材料】(4人分)
豚ひき肉 200
長ネギ  20
生姜   10
にんにく 5


【調味料】
ごま油    適量 
豆板醤    小さじ1/2
赤味噌    大さじ2
酒         大さじ1.5
しょうゆ 小さじ1/2 
砂糖       大さじ1



​(トッピング)1人分
長いも    30g

オクラ    2本
温泉卵(卵) 1個
めんつゆ お好み
糸とうがらし

【肉みその作り方】
1、長ネギ、生姜、にんにくはすべてみじん切りにする
2、 調味料はすべて合わせておく

3、フライパンにごま油入れて熱し、1を入れて香りをたたせる

4豚ひき肉を入れて色が付くくらいまで炒める

5、2を入れて水分が飛ぶくらいまで加熱する

ここまでが肉みその作り方です。
 

【山かけうどんの作り方】
6、長いもはすりおろし、オクラはさっと湯がいて輪切りにする
7(温泉卵をつくる場合)沸騰したお湯に卵をいれ、火を止めて蓋をし、 8分間放置する。

8、うどんは湯がいて氷水にあげ、冷やしておく
9器にうどんを盛り、上に肉みそ、長いも、おくら、温泉卵を飾る
10お好みで麺つゆと糸とうがらしをかけていただく

夏バテ解消に良い豚肉と、食欲を増進してくれるニンニクやショウガがたくさん入っています。
栄養とボリュームたっぷりのメニュー♪

マミーズカフェ

道の駅たるみず湯ったり館の目の前にあります。


垂水市牛根麓字羽山1103-1
営業時間:午前10時~午後6時
休み  :不定休

夏野菜を使った夏バテ解消ドリンクを作ってもらいました。

気分ジュース  600円(税込)

夏バテ解消にはピッタリの夏野菜たっぷりカレー。
夏野菜の定番ゴーヤに、栄養価の高いスーパーフードモリンガが入っています。

マミーの夏野菜カレー800円(税込)