番組表
ON AIR
  • 3:52オープニング
  • 4:00サン・クロレラジャパンテレビショッピング
  • 4:30テレビショッピング
  • 5:00ビタブリッドジャパンテレビショッピング
  • 5:30THEフィッシング
  • 6:00めざましどようび
  • 8:30土曜はナニする!?
  • 9:55サスティな!
  • 10:25かごナビ
  • 10:30テレビショッピング
  • 11:00りらいぶテレビショッピング
  • 11:30チャンネル8
  • 11:45週末えり得情報
  • 11:50FNN Live News days
  • 12:00YOUは何しに日本へ?  年々増加している訪日外国人。番組では、外国人たちの日本への玄関口、空港で勝手にお出迎えして直撃取材を敢行!!前代未聞の空港アポなしインタビューをやりまくりました。時には、空港を飛び出して、客船の港、イベント会場でもYOUに直撃インタビュー!
  • 13:25ぽよチャンネル
  • 13:30超スゴ!自衛隊の裏側ぜ〜んぶ見せちゃいます!初公開連発SP
  • 15:25サ道2023SP
  • 16:25Smart×LIFE
  • 16:30マルコポロリ!
  • 17:25わんにゃん+ かごしま
  • 17:30FNN Live News イット!
  • 18:00おかべろ  岡村隆史(ナインティナイン)が、と ある飲食店の常連客として店に訪れた有名人に質問していくという“シチュエーション トークバラエティー”!
  • 18:30ナマ・イキVOICE
  • 19:00芸能人が本気で考えた!ドッキリGP
  • 20:00新しいカギ
  • 21:00土曜プレミアム
  • 23:10さんまのお笑い向上委員会
  • 23:40<土ドラ>おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!
  • 24:35S−PARK
  • 25:15あちこちオードリー
  • 26:05ゴリパラ見聞録
  • 26:35ディノスTHEストア
  • 27:05テレビショッピング
  • 27:35天気予報
  • 27:36ぽよチャンネル
  • 27:39クロージング
かごnew
月~金曜日 ひる1時50分スタート

11月24日(金)おさんぽ美山!自然に囲まれたアートなスポットを満喫

さまざまな顔を持つ、美山の新感覚スポットへおでかけしてきました。
 

薩摩焼の里・美山

鹿児島市街地から、車でおよそ25分。
薩摩焼の里として知られる美山ですが、最近は、薩摩焼以外の工房やカフェなども増え、アートな散策を楽しめるエリアになっています。

cocoNotsu

去年オープンしました。
 

カフェやギャラリーなど、様々な顔を持つ、新感覚のスポットです。

(オーナー)
もともと窯元の屋敷があった場所で、門を残して、時空を抜けた感じを表現しました。
散策してもらって、五感で四季を感じ、本当の豊かさ発見してほしい。

ここのつには、黒薩摩と白薩摩をイメージしたカラーの、様々な建物があります。

そのひとつが、ヴァロ。

中は、コーヒーやスイーツを楽しめるカフェと、上質なデザインの雑貨などが並ぶショップになっています。

カフェの人気メニュー、「ここのつパフェ」は、季節ごとに内容が変わります。
この時期は、バニラアイスやコーヒーゼリーに、マロンクリームをのせたパフェが味わえます。

ギャラリーイサドで、いま開催されているのが、『モリスのコトリ』という絵本の原画展です。

作者は水墨画家で、絵本作家の 浦正 うら ただし さん。
 

キツネのモリスの成長を描く物語で、動物たちや森の植物などの美しい描写も見どころです。

もうひとつの展示会場になっている、ここのつラボでは、絵本の原画以外の浦さんの作品を鑑賞することができます。

動物たちのしなやかな動きや質感が表現された、モダンな作風の作品を楽しめます。

また、ここのつでは、敷地の中を散策して、季節の移り変わりを感じながら過ごせるのも魅力のひとつです。
 

その自然を生かしたアートを楽しめる場所もあるんです。
 

広場の奥に広がる森には、絵本のページが展示されています。
 

ギャラリーイサドで開催している、『モリスのコトリ』の絵本原画展にちなんで、本物の森の中で、物語の世界観を感じてもらおうという試みです。

(オーナー)
モリスのコトリのお話の入口になっていて、ここから心の森に入ってもらう演出。

QRコードを読みとれば、絵本の朗読も聞くことができます。
 

(オーナー)
ギャラリーの中とはひと味違う屋外展示を、ぜひ楽しんでほしい。

そして、今月19日には、浦さんが描く様子を間近で見ることのできる、ライブドローイングのイベントも 開催されました。

全国各地でライブドローイングを行っている、浦さん。
 

墨にさまざまな顔料を混ぜて、その場で色を作り出し、下書きなしで描いていきます。

描かれたのは、絵本のその後のストーリー。
 

絵本の中で、助けてくれるシカに見守られて、主人公のモリスがうとうとしています。
 

シカのやさしいまなざしやしっかりとした角の感じ、そして、モリスのふわふわした毛並みなどが、繊細な筆のタッチから伝わってきます。

(浦さん)
いまこの瞬間を味わいながら描くのが、水墨画の特徴。

そして、もうひとつの浦さんの作品の特徴は、動物たちの毛並みや質感です。

(浦さん)
動物を描くことが多いが、手触りというか、見た人が柔らかさや角のごつごつした感じなど、質感を感じてもらえるよう意識して描いている。

「モリスのコトリ」巡回展は、来月3日まで開催。
期間中は、ライブドローイングの作品も鑑賞することができます。

また、12月2日と3日には、水墨画教室が開催されます。

住所 日置市東市来町美山1932
電話 099-298‐9791
営業 午前11時~午後5時
休み 水・木曜

cocoNotsu

ギャラリー兼井

浦さんの作品を楽しめるギャラリーが、もうひとつあります。

ここのつから、徒歩で5分ほどの場所にある、ギャラリー兼井。

こちらでは、モリスのコトリのアナザーストーリーを描いた作品のほか、伝統的な作風の水墨画を展示しています。

住所 日置市東市来町美山1626-1
 電話 080-3524-5117
営業 午前10時~午後6時
※展示会開催中は休みなし"

ギャラリー兼井