かごんま未来ノート
OA 毎週水曜 22時54分~23時00分
番組について
かごんま未来ノート

第107回「農業と福祉の連携で地域の交流拠点に 古民家カフェちょこっと」

  • 古民家カフェちょこっとの未来ノート

  • 農業と福祉の連携で地域の交流拠点に 古民家カフェちょこっと

    おいしそうなお料理!
     

  • チキン南蛮定食ですね。
     

  • ​この日もお店は、たくさんのお客さんで賑わいます。
     

  • 地域の人たちが集まるのには、こんなワケがありました。
     

  • ​今回、未来への思いを綴るのは、「古民家カフェちょこっと」の皆さんです。
     

  • 薩摩川内市にあるこのカフェ、去年9月、古民家をリノベーションしてオープンしました。
     

  • ​運営しているのは、障害がある人たちの就労継続支援事業所。

  • みんな、スタッフとして働いているんですよ。
     

  • ​お料理を運んだり、接客したりと、大忙しです。
     

  • ​(管理者・田原千穂子さん)
    色んな事を、それぞれが「ちょこっとずつ」がんばってやればいい、っていう考えで、「ちょこっと」っていうことになりました。

     

  • ​(スタッフ)
    美味しかったよ!って、言って帰って下さる。
    そういう挨拶ができる繰り返しが、とても楽しいです。
     

  • メニューのお野菜は、スタッフが育てたもの。
    それが、地域の問題解決にもつながりました。

     

  • ​(代表・本村修さん)
    高齢で畑を作れなくなったから、使ってほしいとお客さんに言われて。
    耕作放棄地の状態から、みんなで草刈りをして、耕して畑にした。

     

  • ​自家製野菜が食べられるとあって、たちまち人気店に。
     

  • ​スタッフたちの明るい接客も、評判です。

     

  • ​(お客さん)
    施設利用者が働いているのを、よく見ているので。

     

  • ​(お客さん)
    取り組みは、良いことだと思う。
     

  • (お客さん)
    積極的に来たい。

     

  • できるところから「ちょこっと」。
     

  • ​やさしい未来があふれるカフェは、きょうもお客さんでいっぱいです。