番組表
ON AIR
かごんま未来ノート
OA 毎週水曜 22時54分~22時59分
番組について
かごんま未来ノート

第6回 植林で自然な森への再生 霧島ふるさと命の森をつくる会

  • 植林で自然な森への再生 霧島ふるさと命の森をつくる会

    今回、未来への思いをつづるのは「霧島ふるさと命の森をつくる会」のみなさん。

  • 霧島市で開かれた、みんなで命の森をつくるイベント。

  • 川畑さんたちは長い年月をかけて、この山に木を植える取り組みを続けています。

    理事長 川畑 巧さん
    「きょうは九州電力さんとパートナーシップでお手伝いをもらっています。」

  • この日参加したのは、霧島市立安良小学校の児童など、ボランティアのみなさんです。

  • 植えているのは、シイやカシなど51種類650本。
    あえて密になるよう植えていきます。

  • 理事長 川畑 巧さん
    「木を密植・混植することによって、競争して大きくなっていく。」

  • 竹で荒れていたこの場所を森にもどすため、植樹を始めたのは10年前のこと。

  • これが植樹して1年。

  • そして2年。

    川畑さんたちの努力がみえますね。

  • 道路の向こう側は10年前に植樹したもの。

  • その土地に適した木を密集して植えることで、より早く自然の森に戻っていくのだとか。

  • 理事長 川畑 巧さん
    「縄文以降、木を切ってきた文化じゃないですか。私らは木を植える文化に転換して、人も含めて多様な社会を目指したい。」

  • この活動が後世にも受け継がれ、参加した人たちの願いが、青々と生い茂る森に成長させることでしょう。