番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

紅こうじサプリ問題めぐり鹿児島県内で新たに1件健康被害の相談

2024年4月2日(火) 18:07

小林製薬の紅こうじを使ったサプリメントを摂取した人が死亡するなどの健康被害問題で、鹿児島県内の女性1人が新たに保健所に健康被害の相談をしていたことが分かりました。

小林製薬の「紅麹コレステヘルプ」を摂取した人に腎疾患とみられる症状が出る健康被害が全国で報告されています。

鹿児島県によりますと、1日、県内に住む20代の女性から「紅麹コレステヘルプ」を摂取したことで、「手足のむくみや倦怠感がある」と保健所に相談があったということです。

県内の健康被害の相談は鹿児島市の70代の女性に続き、2例目となります。

小林製薬は、電話相談窓口を設定していて、4月末までは毎日午前9時から午後9時まで受け付けています。

過去の記事