番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島・鹿屋市 海上自衛隊鹿屋航空基地 米軍ミサイル部隊が参加して訓練

2021年11月25日12:18

鹿児島県鹿屋市の海上自衛隊鹿屋航空基地で24日、アメリカ軍の地対艦ミサイル部隊が参加して訓練が行われました。

この訓練は自衛隊の運用能力向上のため11月30日まで全国各地で行われている自衛隊統合演習の一環で、実施されました。

24日午前、アメリカ軍の空中給油機2機で地対艦ミサイル部隊などの約20人が鹿屋市の海上自衛隊鹿屋航空基地に到着しました。

防衛省によりますと、アメリカ軍のミサイル部隊と自衛隊が合同で、実弾を使わずにシミレーションによる射撃訓練を行ったということです。

一方、基地の外では訓練に反対する市民グループが抗議の声をあげました。

鹿屋市によりますとミサイル部隊による鹿屋基地での訓練は初めてで、鹿屋市はアメリカ軍の訓練が常態化しないよう防衛省に申し入れを行っています。

過去の記事