番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

75歳以上の高齢者対象に鹿児島市がワクチン接種券発送・鹿児島

2021年4月16日19:17

鹿児島市は75歳以上の高齢者を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種に向け、16日、接種券と予診票の発送を始めました。予約の開始時期や方法、接種時期は今後、具体的に示されることになっています。

16日午前、市の委託業者が接種券と予診票が入った箱を鹿児島東郵便局に運び入れました。

鹿児島市は16日、市内に住む75歳以上の高齢者約8万4800人に新型コロナウイルスワクチンの接種券と予診票を発送しました。

鹿児島市では、4月12日から介護老人福祉施設の入所者への接種を始めていて、16日発送された対象者の接種は、5月下旬以降に予定されています。

接種を受けるには予約が必要ですが、鹿児島市では予約の開始時期や方法を今後、市のホームページや広報誌「市民のひろば」で公表することにしています。

鹿児島市感染症対策課の土屋幹雄課長は「高齢者の方については6月中に全国の高齢者が2回接種できるワクチンを確保すると聞いている。必ず接種はできるので慌てずに接種してほしい」と話していました。

鹿児島市はワクチンを接種する機会をできるだけ多く確保するために、個別接種を基本に、集団接種もあわせて実施する予定です。

過去の記事