番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島市高齢者施設で新たなクラスター 31日の新たな感染者は16人、県内252人

2020年7月31日19:45

鹿児島市の高齢者施設で新型コロナウイルスのクラスターが発生したことが分かりました。感染者の内訳は施設に入所する80代から90代の女性9人と職員ら合わせて12人となっています。

鹿児島市 森市長:
「鹿児島市の3例目のクラスター発生に大変危機感を感じています」

新型コロナウイルスのクラスターが発生したのは鹿児島市内の高齢者施設です。

31日までに感染した人の内訳はこの施設に入所する80代から90代の女性9人と、施設のスタッフで30代から40代の男女3人の合わせて12人です。

発熱や咳、軽度のけん怠感を訴える人がいる一方、症状がない人もいます。

施設に入所する80代から90代の女性はそれぞれ個室ですが集まって食事することがあったということです。

鹿児島市によりますと、関係者のPCR検査は終えているため広がりは限定的として施設を公表する予定はないということです。

感染経路は現在、調査中です。

この高齢者施設のクラスター以外に31日は鹿児島市内の80代女性と、与論町在住の40代から60代の男女5人の感染が確認されています。

与論町の5人はのどの違和感がある1人を除いて症状はなく、全員が島外の医療機関に入院しているということです。

与論町の感染者数はあわせて51人で、これまでに確認された県内全体の感染者数は252人となりました。

過去の記事