番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿屋市殺人事件 凶器の包丁を海で発見  鹿児島

2020年7月30日15:05

2020年3月、鹿屋市で当時55歳の男性が殺害され同僚の男が殺人の疑いで逮捕された事件で,鹿児島県警は、殺害に使われた包丁が海中から発見されたと明らかにしました。

この事件で逮捕・送検されている鹿屋市新川町の会社員、谷山裕樹容疑者(46)は2020年3月、同僚の吉井政己さん(当時55)を包丁のようなもので複数回刺すなどして殺害した疑いが持たれています。

県警によりますと取り調べで、谷山容疑者が凶器について「海に捨てた」と供述したことから7月16日、機動隊が捜索したところ大隅地方の海中で包丁1本が発見されました。

本人の供述内容、吉井さんの傷口の状態、見つかった包丁の形状などから谷山容疑者も「その包丁で間違いない」と認めているということです。

この包丁は事前に量販店で購入されていて、警察は、谷山容疑者と吉井さんの間に交際相手をめぐるトラブルがあったとみて、計画的に犯行に及んだ可能性も視野に、調べを進めています。

過去の記事