番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島県警本部長が謝罪 透明性確保求める声も 警察署協議会代表者会議

2024年7月5日(金) 18:14

警察署協議会の委員から警察業務に関する意見を聞き取る会議が行われ、委員からは「透明性を確保してほしい」といった意見が寄せられました。

5日、県警本部で開かれたのは、地域住民からなる、鹿児島県下27警察署の協議会の代表者ら約40人が参加する警察署協議会代表者会議です。

県警の各部長らとともに会議に出席した野川本部長は冒頭、相次ぐ県警の不祥事について謝罪しました。

鹿児島県警 野川明輝本部長
「県民の皆さまに県警の組織運営の適正に対する懸念が広がっていることについて深くお詫びを申し上げます」

また、県公安委員会の石窪奈穂美委員長も―

鹿児島県公安委員会 石窪奈穂美委員長
「県警にとって耳の痛い話も遠慮なく言ってもらい、県警のあるべき姿について多くの気付きを与えてくださるようお願いします」

5日の会議では、県警で相次ぐ不祥事に対する意見が寄せられ、委員からは「第三者的な視点を持ち、公表できるものは公表して透明性を確保してほしい」「若い人の意見を吸い上げられる職場にした方がいいのでは」などの意見が寄せられたということです。

県警は5日の会議で出た意見を踏まえた上で、7月中にまとめる方針の再発防止策のほか、今後の警察業務に生かしていくとしています。

過去の記事