番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

横断歩道を渡っていた男性をはねた現行犯で67歳の男逮捕 鹿児島・霧島市

2024年7月3日(水) 21:00

3日午後、霧島市の横断歩道を渡っていた男性を軽自動車ではねてけがをさせたとして、67歳の男が過失運転致傷の現行犯で逮捕されました。

逮捕されたのは霧島市国分郡田の自称左官工、竹内重幸容疑者(67)です。

警察によりますと、竹内容疑者は3日午後5時すぎ、霧島市国分重久の県道交差点で、右から左に向かって横断歩道を渡っていた68歳の男性をはねてけがをさせたとされています。

男性は頭などを打って病院に搬送されましたが、意識はあるということです。

現場は信号機のない片側1車線の交差点で、見通しは良く、竹内容疑者は「横断歩道上で人をはねて、けがをさせたのは間違いない」と容疑を認めているということです。

過去の記事