番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

新紙幣発行 鹿児島でも日銀が金融機関に引き渡し

2024年7月3日(水) 11:42

新しい紙幣が3日発行され、鹿児島県内でも、3日朝、日本銀行鹿児島支店から金融機関に新紙幣が引き渡されました。早い店舗ではこの後昼過ぎから新しい紙幣の取扱いが始まります。

3日午前8時過ぎ、日本銀行鹿児島支店では県内第1号となる、鹿児島銀行への新しい紙幣の引き渡しが始まりました。

まず、警備会社のスタッフが紙幣の数を確認。その後、次々とトラックに積み込まれました。

新しい紙幣の発行は約20年ぶりで、偽造防止や目の不自由な人や外国人にも使いやすくすることを目的としています。

発行初日の3日、日本銀行鹿児島支店では管轄する鹿児島、宮崎の両県の金融機関に340億円を引き渡すということです。

日本銀行鹿児島支店・矢野正康支店長
「日本においてもキャッシュレス化は進展しているが、引き続き、現金への需要は根強い。鹿児島の皆さんにおかれても、新しい日本銀行券(紙幣)に慣れ親しんでほしい」

県内の金融機関では、早い店舗で3日昼過ぎから新紙幣の取扱いが始まり、窓口やATMで入手できるということです。

過去の記事