ニュース・スポーツ

鹿児島・薩摩川内市の海岸 サーフィンをしていた男性が死亡

2024年6月24日(月) 09:16

23日午前、鹿児島県薩摩川内市の海岸でサーフィンをしていた22歳の男性が溺れ、心肺停止の状態で病院へ運ばれましたがその後、死亡しました。

警察によりますと23日午前10時10分ごろ、薩摩川内市寄田町の寄田海岸の沖合約50メートルで「サーファーが溺れた」と、近くにいた人から消防に通報がありました。

溺れたのは、薩摩川内市宮崎町の会社員・山本洋平さん(22)で、救助されたときには意識はなく、心肺停止の状態で病院へ搬送されましたが、約3時間後に死亡しました。

山本さんは友人と2人でサーフィンをしていたとみられていて、警察が死因と事故の原因を調べています。

過去の記事