ニュース・スポーツ

23日から24日にかけて非常に激しい雨のおそれ 薩摩・大隅地方

2024年6月22日(土) 18:14

薩摩・大隅地方では、23日から24日にかけて非常に激しい雨となる見込みです。
気象台は「これまでの雨で地盤が緩んでいる所がある」として、土砂災害への警戒を呼びかけています。

県本土では20日から21日にかけて大雨となりました。

降り始めからの総雨量は指宿で476ミリ、鹿屋市吉ケ別府で474ミリとなっています。

気象台によりますと、梅雨前線は23日から24日にかけて九州付近まで南下する見込みで、薩摩・大隅地方では23日、多いところで1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。

これを受け、鹿児島地方気象台は臨時の説明会を開き、「これまでの大雨で地盤が緩んでおり、少しの雨でも土砂災害のおそれがある」として、引き続き土砂災害に警戒するよう呼びかけました。

低い土地の浸水や河川の増水にも注意が必要です。

過去の記事