番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島市サッカースタジアム構想に変化?市長「中心市街地に人の流れを作り出す場所」

2024年3月27日(水) 18:20

候補地が白紙に戻った鹿児島市のサッカースタジアム構想について、下鶴市長はこれまで、にぎわい創出を目指して「中心市街地での整備」を掲げてきましたが、27日の定例会見では「中心市街地に人の流れを作り出す場所」と述べるにとどめました。

27日の定例会見では、2月に候補地が白紙撤回されたサッカースタジアム構想について、下鶴市長に質問が相次ぎました。

(記者)候補地選定について進捗状況はいかがですか?

下鶴市長「まずは県の協力を得ながら早急に選定を進めていきたい」

選定作業については、県と担当者レベルでの協議を始めたばかりとしていて、具体的な場所への言及はありませんでした。

これまでスタジアムの整備について、中心市街地での整備を掲げ、鹿児島港本港区エリアから候補地を選定してきた下鶴市長。今後の方向性について問われると…

下鶴市長「中心市街地に人の流れを作り出す、そしてJリーグの掲げる理想のスタジアムに沿った交通利便性の高い場所ということが重要だと考えている」

「中心市街地に人の流れを作り出す場所」という発言にとどめ、交通利便性の高さも検討要件として挙げました。

また、スケジュールや具体的な取り組みについては「県と緊密に連携しながら早期整備に向けて取り組んでいきたい」と繰り返しコメントしました。

過去の記事