番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

小林製薬「紅こうじ原料問題」鹿児島県内企業にも影響 メーカーが対応に追われる

2024年3月26日(火) 18:15

全国のニュースでもお伝えしているように、健康被害のおそれがあるとして、小林製薬の「紅こうじ」を原料に使った食品などの自主回収が全国で相次いでいます。

FNNの調べでは全国で少なくとも27社が自主回収や販売中止を発表していて、鹿児島県内に本社を置く黒酢メーカーも商品の自主回収を発表しています。

商品の自主回収を行っているのは約100点以上の黒酢関連商品を取り扱う福山黒酢です。

自主回収の対象となっているのは小林製薬の紅こうじ原料が使用された「紅糀黒酢」と「紅糀ドレッシング」の「オニオン」と「キャロット」、あわせて3つの商品で、3月23日に販売も中止しました。

このうち「紅糀黒酢」は福山黒酢の主力商品のひとつで、これまでに約11万本が出荷されているほか、紅糀ドレッシングはあわせて4000本が出荷されているということです。

3つの商品による健康被害は現時点では確認されていませんが、小林製薬の問題発覚後、鹿児島市にある福山黒酢の本部には、1日300件以上の問い合わせがあるということです。

福山黒酢では、商品が手元にある場合は使用しないよう消費者に呼びかけているほか、郵送や店舗で回収し、品代相当のクオカードと交換する対応をとっています。

福山黒酢は「他の黒酢商品は心配ないので安心して利用してほしい」としています。

福山黒酢では日曜、祝日を除く午前9時から午後5時まで問い合わせに対応しています。
0120-028-962

過去の記事