番組表
ON AIR
  • 3:47オープニング
  • 3:55テレビショッピング
  • 4:25テレビショッピング
  • 4:55テレビショッピング
  • 5:25めざましテレビ
  • 8:00めざまし8
  • 9:50ノンストップ!
  • 11:20ぽよチャンネル
  • 11:25国分太一の気ままにさんぽ
  • 11:30FNN Live News days
  • 11:45ポップUP!
  • 14:45かごnew
  • 15:15テレビショッピング
  • 15:45ぽよチャンネル
  • 15:50KTSドラマスペシャル
  • 16:50Live News イット!
  • 18:09KTSライブニュース
  • 19:00林修のニッポンドリル 開かずの金庫&スー子が行きたい北関東2大スーパー
  • 21:00ホンマでっか!?TV
  • 21:54KTSニュース
  • 22:00ナンバMG5 全開バリバリでアリガト編
  • 22:54九電グループpresents かごんま未来ノート
  • 23:00TOKIOカケル
  • 23:40FNN Live News α
  • 24:253週連続放送記念「なぜバック・トゥ・ザ・フューチャーはスゴイのか!?」
  • 24:35<水曜NEXT!>全日本 アレオレ!発表会
  • 25:05KinKi Kidsのブンブブーン
  • 25:50ぽよチャンネル
  • 25:55じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜
  • 26:25テレビショッピング
  • 26:55アイ・ピー・シーテレビショッピング
  • 27:25天気予報
  • 27:26ぽよチャンネル
  • 27:29クロージング
KTS鹿児島テレビ

番組審議会(令和4年5月度)

開催日時場所

令和4年5月26日(木)正午~ KTS本社3階会議室

議題

合評番組

「KTSライブニュース」

 5月11日(水)・12(木)午後6時9分放送

出席委員(敬称略)

委員長

  佐野  雅昭

委員

  稲荷田 治美

  田中  陽一郎

  竹山  秀司


リポート提出委員

副委員長

  志賀  玲子

委員

  東條  広光

  上國料 智紀

議事概要

委員側の意見要旨

〇番組内容は、安心安全や身近な政治課題、企業招致、文化芸術、季節の話題・映像など多岐にわたり、私たちに必要な情報と魅力が存分に伝わるものだった。
〇大雨の話題で両日とも「土砂災害」、「河川の増水・低地の浸水」などへの警戒・注意を言葉だけでなくフリップ(図)にして視聴者に伝えていた点が丁寧だと感じた。
〇児童虐待の特集で霧島市の取り組みを県民に伝えてくれたことはまさに“「私たちの針路」を見つめます”という番組のコンセプトに合致する内容だった。
〇曜日でキャスターを変え、キャスター自身が取材に出られるようにしたのはいいことだと思った。4人のキャスターの取材、特集をどんどん見ていきたい。
〇新型コロナの報道の仕方に違和感がある。重症者数が減っている中、第一線で報道する必要があるのか疑問に感じた。その数字の経緯も併せて出すのが報道機関の役割だと思った。
〇馬毛島の住民説明の話題で、賛成派・反対派の両方の意見が出ていたが、それぞれがどれだけいるのかが触れられていない。多くの場面で反対派の強い意見により賛成派が多いのに反対派が多い印象を与えてしまうことに日頃から疑問を感じている。
〇ローカルニュースから全国ニュースに移り、また最後にローカルニュースに戻るという形になっているが、視聴者がチャンネルを変えてしまうのではないか。
〇ランドセルの特集では、報道という枠を超えてもう少し主張や提案が あってもいいと思った。買う側の心情に寄り添わず、売る側に立っている気がした。

KTS側の意見要旨

〇キャスターを2人から4人にして曜日ごとでペアを変えたことで、フリーの時間ができ、外での取材が増え、自分のやりたい特集に取り組んでいる。
〇新型コロナのニュースの伝え方については、毎日数字だけを伝えるのではなく、視聴者が現状をどう感じているのかなどの意見をくみ取って伝えていきたい。
〇賛成派・反対派の意見の取り上げ方については、ご指摘の通りだと思う。ニュースにとって一番大切なことは公平さと公正さである。それを考えて何をどう伝えていくのか判断していきたい。
〇6時45分に全国ニュースに移ってまたローカルニュースに戻るという点について、3月までは45分まででローカルニュースを終えていたが、「KTSライブニュース」というからには鹿児島のニュースをもっと伝えたいということで最後の5分はローカルニュースに戻ることにした。
〇ランドセル特集について、ご意見にあったように今どきのランドセルについての持論、反論のような形で街頭インタビューをするアイデアは次の特集のヒントになると思った。

委員(敬称略)

委員数7名


・委員長

  佐野 雅昭  (鹿児島大学 水産学部教授)

・副委員長

  志賀 玲子  (志學館大学 教授)

・委員

  稲荷田 治美 (南日本リビング新聞社 取締役総務部長兼デリバリー部長)

  東條 広光  (鹿児島県教育委員会教育長)

  上國料 智紀 (JA鹿児島県中央会常務理事)

  田中 陽一郎 (株式会社川北電工 代表取締役社長)

  竹山 秀司  (南日本新聞社 編集局文化生活部長)


・審議回数 年10回 (毎月1回、8月と12月は休会)

・番組審議会の概要は本社・各支社で閲覧できます。

青少年に見てもらいたい番組

かごニュー [月~金] 14:50~15:20
VS魂 [木] 19:00~19:57
チャンネル8 [土] 11:30~11:45
GO!GO!チャギントン [日] 06:15~06:30
ボクらの時代 [日] 07:00~07:30
ちびまる子ちゃん [日] 18:00~18:30
サザエさん [日] 18:30~19:00