番組表
ON AIR
KTS鹿児島テレビ

番組審議会(令和3年7月度)

開催日時場所

令和3年7月29日(木)正午~ KTS本社3階会議室

議題

合評番組

「子どもと行きたい!鹿児島わくわくスポットSP」

 6月22日 午後7時放送

出席委員(敬称略)

委員長

  佐野  雅昭

委員

  稲荷田 治美

  雪松  博明


レポート提出委員

副委員長

  志賀  玲子

委員

  岩田  英明

  上國料 智紀

議事概要

委員側の意見要旨

〇視聴者の「知りたい」という欲求はもちろん、困っている人に教えたいという情報提供者の欲求も満足させる双方向性のある番組構成で良かった。
〇このご時世のため、グルメのコーナーではテークアウトに関する情報も知りたかった。
〇県民によく知られたスポットもランキング形式にしたり、紹介を工夫したりすることで新たな魅力を知ることができ、楽しく視聴できた。
〇グルメスポットでは感染症対策について言及した店としなかった店があり、触れなかった店は対策が甘いのかと気になった。
〇視聴者からの情報を基に取材したとのことだが、どのように集めた情報なのか気になった。
〇出演者が多く明るい画面になっていたもののスタジオでのやりとりが少なく、生放送の良さが生かしきれていなかった。
〇あそび場紹介では駐車場についての言及がなかったが、各あそび場は郊外で子連れは車移動が主なので、駐車場の情報は不可欠だと思う。
〇全体として鹿児島の魅力を再発見できるような内容で子育て世代以外にもアピールできる良い番組だった。

KTS側の意見要旨

〇例年6月には子育てイベントを開催しているが新型コロナの影響で中止となり、開催予定だった月を子育て強化月間と定めて特別番組をつくることにした。
〇あそび場ランキングでは定番ばかりが集まってしまったので、キャッチフレーズをつけたり新たな情報を紹介したりして伝え方を工夫した。
〇施設の入館料や駐車場情報などの基本情報の紹介不足については丁寧に紹介するべきだったと反省している。
〇今回の特別番組以外に読み聞かせ動画の配信や子ども絵画展、子どもが楽しめる番組を放送するなどして会社全体で子育て強化月間に取り組んだ。

委員(敬称略)

委員数7名


・委員長

  佐野 雅昭  (鹿児島大学 水産学部教授)

・副委員長

  志賀 玲子  (志學館大学 教授)

・委員

  稲荷田 治美 (南日本リビング新聞社 取締役総務部長兼デリバリー部長)

  岩田 英明  (合名会社 明石屋菓子店 代表社員)

  東條 広光  (鹿児島県教育長)

  上國料 智紀 (JA鹿児島県中央会常務理事)

  雪松 博明  (南日本新聞社 編集局文化生活部長)


・審議回数 年10回 (毎月1回、8月と12月は休会)

・番組審議会の概要は本社・各支社で閲覧できます。

青少年に見てもらいたい番組

かごニュー [月~金] 14:50~15:20
VS嵐 [木] 19:00~19:57
チャンネル8 [土] 11:30~11:45
GO!GO!チャギントン [日] 06:15~06:30
ボクらの時代 [日] 07:00~07:30
ちびまる子ちゃん [日] 18:00~18:30
サザエさん [日] 18:30~19:00