番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

ミカンコミバエ幼虫発見の南大隅町 ヘリで防除 鹿児島

2020年9月29日19:10

果物を腐らせる病害虫、ミカンコミバエの幼虫が鹿児島県本土で初めて南大隅町で確認されたことを受け、県は29日、ヘリコプターで防除作業を行いました。

南大隅町では、9月に入ってからミカンコミバエのオスと幼虫が発見されています。

そのため県は29日、ヘリコプターを使い、人が入れない山間部に殺虫剤などが染み込んだ板をまきました。

散布作業は29日から約1週間、住宅地や水源を除外して行われます。

過去の記事