番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

市交通局のバス路線 4月1日から一部を民間会社に移譲 鹿児島市  

2020年3月31日20:07

4月1日から鹿児島市交通局が運行するバス路線の一部が民間のバス会社に移譲されます。これを前に対象となるバス停の撤去作業が始まっています。

鹿児島市交通局は赤字が続くバス事業について現在ある39路線のうち16の路線を、4月1日から鹿児島交通と南国交通に移譲することにしています。

これを前に鹿児島市交通局は、運行が終わった停留所の標識や時刻表を撤去する作業を始めています。

撤去作業は3月31日の夜にかけて、順次行われる予定です。

中には名残惜しそうにバス停を写真におさめる人もいました。

【利用客】
「少し寂しい。小さいころから乗ってたので。」

鹿児島市交通局では、バス事業を抜本的に見直すことで、2026年度までに電車事業と合わせた収支を赤字から脱却させたい考えです。

過去の記事