番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

新型コロナの不安解消のため 感染者立ち寄りのスーパーが消毒作業 鹿児島県姶良市

2020年3月29日18:29

今月26日、県内で初めて確認された新型コロナウイルスの感染者が立ち寄った姶良市のスーパーでは29日午前、消毒作業が行われました。


県によりますと今月26日に県内で初めて新型コロナウイルスの感染が確認された女性はイギリスから帰国した今月23日に姶良市のスーパーに立ち寄っています。

このスーパーでは、29日午前から店を臨時休業にして、消毒作業を行い従業員らが総菜コーナーやレジまわりなどに消毒薬を吹きかけて入念にふき取っていました。

店長によりますと、県の発表以降、従業員の子どもがいじめにあったり、従業員が別の店舗への入店を断られるケースが相次いでいて従業員や利用者の不安を解消するために店が自主的に作業を行ったということです。

スーパーの店長は「消毒作業をしてお客様、県民のみなさまの不安を一掃することが目的。ここから発症したわけではないので勘違いのないようにお願いします」

店は30日から営業を再開します。

過去の記事