番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

口永良部島の火山性地震が増加 住民「火山ガスの濃さを感じる」 鹿児島

2020年3月28日18:12

屋久島町の口永良部島で27日、火山性地震が328回発生しました。

28日は火山ガスの放出量も多く、口永良部島の住民は「ガスの濃さを感じる」と話しています。

福岡管区気象台によりますと、口永良部島での火山性地震の発生回数は26日は3回でしたが、27日は328回となりました。

火山性地震の回数が1日に300回を超えたのは、2月10日以来です。

火山性地震は、28日は午後3時までに92回発生していて、火山ガスの1日辺りの放出量も1200トンと、多い状態が継続しています。

前田集落の住民によりますと、集落では火山ガスが濃く感じられるということで、住民は噴火活動への警戒を強めています。

福岡管区気象台では、噴火警戒レベル3の入山規制を継続し、新岳火口から2キロの範囲では、噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。

過去の記事