番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

新型コロナ鹿児島県内初感染 感染症の専門家に聞く手洗いのポイント 

2020年3月27日19:54

鹿児島県内でも感染が初確認された新型コロナウイルス。
症が専門の鹿児島大学の西順一郎教授に改めて、予防の基本である手洗いのポイントについて聞きました。

手を水洗いした後、十分な量の石けんを泡立て、まず、手のひらを合わせて指の間をこすります。

その後、ものをよく触る指先を手のひらに直角に当てるようなイメージで洗い、爪の中の汚れまで落とします。

最後に、腕時計などで忘れがちな手首まで洗うほうが望ましいということです。

西教授はそれぞれの箇所を20秒ほどかけて洗ったほうがいいと話していました。

過去の記事