番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

諏訪之瀬島・御岳 爆発増加傾向 鹿児島

2021年3月7日11:59

十島村・諏訪之瀬島の御岳では今月2日から爆発が増加していて、6日は8回、7日は午前11時までに1回の爆発がそれぞれ観測されています。

諏訪之瀬島の御岳は、今年1月14日に噴火警戒レベルが2に引き下げられましたが、福岡管区気象台によりますと、今月2日から爆発が増加し、火山活動が高まっています。

爆発は6日が8回、7日は午前9時34分に1回それぞれ観測されていて、2日から7日午前11時までの爆発の回数は、合わせて138回となっています。

傾斜計による地殻変動データに大きな変化はないということです。

気象台は火口周辺規制の噴火警戒レベル2を継続し、火口からおおむね1キロの範囲では大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。

過去の記事