番組表
ON AIR
  • 3:47オープニング
  • 3:55テレビショッピング
  • 4:25テレビショッピング
  • 4:55テレビショッピング
  • 5:25めざましテレビ
  • 8:00めざまし8
  • 9:50ノンストップ!
  • 11:20ぽよチャンネル
  • 11:25国分太一の気ままにさんぽ
  • 11:30FNN Live News days
  • 11:45ポップUP!
  • 14:45夏休みスペシャル 恐竜くんの地球だいすき!ダイナソー
  • 15:15テレビショッピング
  • 15:45ぽよチャンネル
  • 15:50KTSドラマスペシャル
  • 16:50Live News イット!
  • 18:09KTSライブニュース
  • 19:00世界の何だコレ!?ミステリーSP
  • 21:00ホンマでっか!?TV
  • 21:54KTSニュース
  • 22:00テッパチ!
  • 22:54九電グループpresents かごんま未来ノート
  • 23:00TOKIOカケル
  • 23:40FNN Live News α
  • 24:25<水曜NEXT!>いとしのサマーフィルム
  • 24:55KinKi Kidsのブンブブーン
  • 25:40ぽよチャンネル
  • 25:45じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜
  • 26:15テレビショッピング
  • 26:45テレビショッピング
  • 27:15天気予報
  • 27:16ぽよチャンネル
  • 27:19クロージング
井村先生のぼうさいの時間
「防災をマナブ」(2021年3月まで放送)の情報も掲載しています

がけ崩れを学ぼう~シラス編~

鹿児島大学の井村隆介准教授と学ぶ“ぼうさいの時間”。
今月のテーマは
「がけ崩れを学ぼう~シラス編~」です。
かつて、がけ崩れが発生した現場を歩き、心構えを学びます。
 

​◆井上彩香アナウンサー
先生、今回はなぜこのテーマなんでしょう?

◆鹿児島大学 井村隆介准教授
鹿児島にはシラス台地が広がっている。
小学校でも「シラス台地」という言葉が(授業に)出てくるぐらい、
みんな知っている。
実はそこのがけで、よくがけ崩れが起こっている
きょうはこれについて勉強してみましょう。
 

シラス台地とは、いまから約3万年前、
姶良カルデラが大噴火した際の火砕流が堆積したものです。
 

県本土の面積の6割以上を占めています。
 

火砕流が固まっていない状態で積みあがっているため、
他の地質に比べて
一気に崩れやすいという特徴があります。
 

​全国でも多い鹿児島のがけ崩れ

2019年には梅雨前線などの影響で、
シラス台地での土砂崩れが相次ぎました。
鹿児島市本城町と曽於市では、高齢の女性が土砂に巻き込まれて死亡。
 

​JR南鹿児島駅近くのがけは、大きく崩れました。
 

​◆鹿児島大学 井村隆介准教授
土砂災害にはがけ崩れのほかに、土石流や地すべりがあるが、
シラスの場合、がけ崩れになることが非常に多い。
 

ここでクイズ

​◆鹿児島大学 井村隆介准教授
Q.去年鹿児島で発生したがけ崩れの数は?
 

◆鹿児島大学 井村隆介准教授
A.去年だけで、69件のがけ崩れが起こっている。
 

◆鹿児島大学 井村隆介准教授
昔は、「人が死なないと梅雨は明けない」と言われるくらい、
梅雨末期の集中豪雨でシラス崩れ、がけ崩れがたくさん起きていた。
 

県内の去年(2021年度)のがけ崩れの発生件数は、
多い順に鹿児島市19件、さつま町10件、出水市が6件。

また、全国で見ると2021年までの10年間に発生した
県内のがけ崩れの件数は、
神奈川県についで2番目に多くなっています。

がけ崩れの現場を歩こう

◆井上彩香アナウンサー
鹿児島市照国町にやってきました。

◆鹿児島大学 井村隆介准教授
高さが100mぐらいのシラス台地があります。
上には、城山公園展望台がある。

◆鹿児島大学 井村隆介准教授
その地形やそこに生えている木の様子を見ると、
がけ崩れが頻繁に起こってきたのがわかる。

◆鹿児島大学 井村隆介准教授
起こってきたということは、
将来また起こるかもしれない
ということを意味している。

がけ崩れを学ぶには、自治体が配布している
ハザードマップの確認が不可欠です。

◆井上彩香アナウンサー
今、私たちがいるのが…

◆鹿児島大学 井村隆介准教授
緑と白の境界。
緑は洪水になった時(天文館側は)浸かるかもしれない。
 

◆鹿児島大学 井村隆介准教授
城山は、水には浸からないけどその奥に
黄  色(土砂災害警戒区域)
オレンジ(土砂災害特別警戒区域)がある。

◆井上彩香アナウンサー
水には浸からないけれども、別の危険がある。

自分がどんな“地形”に住んでいるか、
もしもの場合はどこに避難するのか、
考えておきましょう

◆鹿児島大学 井村隆介准教授
縄文時代にはここまで海があった。
海で削られたがけ。
だから急ながけが立っている。

がけをよく見ると、草しか生えていない所があります。
ここでは過去にがけ崩れが起き、
元々、生えていた大きな木などが流されたと考えられます。

◆鹿児島大学 井村隆介准教授
がけ崩れといっても、人が住んでいないところで起これば完全に自然の現象。

◆鹿児島大学 井村隆介准教授
ここを見てもらうと分かる。
すごく急で、途中から平坦になる。
崩れてきたものがたまって、斜面になっている。
 

◆鹿児島大学 井村隆介准教授
​斜面に住んでいる方は、
後ろのがけが崩れると土砂が来る可能性がある。

◆井上彩香アナウンサー
そういう地形の成り立ちは変わらない?

◆鹿児島大学 井村隆介准教授
変わらない。
がけがある限り永遠に続く。

がけ崩れの心構え

◆鹿児島大学 井村隆介准教授
ハザードマップのただ色が付いた平面を見るのではなく、
 

◆鹿児島大学 井村隆介准教授
色と色の境界って何だろう、
何が違うんだろうというのを実際に見ていただきたい。


 

地形が教えてくれる災害の教訓。
 

命を守る一歩として、見方を変えてみると良いかもしれません。