番組表
ON AIR
  • 3:47オープニング
  • 3:55テレビショッピング
  • 4:25テレビショッピング
  • 4:55テレビショッピング
  • 5:25めざましテレビ
  • 8:00めざまし8
  • 9:50ノンストップ!
  • 11:20ぽよチャンネル
  • 11:25国分太一の気ままにさんぽ
  • 11:30FNN Live News days
  • 11:45ポップUP!
  • 14:45かごnew
  • 15:15テレビショッピング
  • 15:45ぽよチャンネル
  • 15:50かごnewマルシェ
  • 16:45ぽよチャンネル
  • 16:50Live News イット!
  • 18:09KTSライブニュース
  • 19:00爆買い☆スター恩返し3時間SP
  • 21:58人志松本の酒のツマミになる話
  • 22:52KTSニュース
  • 23:00全力!脱力タイムズ
  • 23:40ネタパレ
  • 24:10FNN Live News α
  • 24:553週連続放送記念「なぜバック・トゥ・ザ・フューチャーはスゴイのか!?」
  • 25:05Kagoshima 見っどナイト
  • 25:35ちまたのジョーシキちゃん
  • 26:35ラスト・シンデレラ
  • 27:30天気予報
  • 27:31ぽよチャンネル
  • 27:34クロージング

ニュース・スポーツ

畜産県・鹿児島ならでは コストを抑えた新たな肥料を商品化

2022年7月1日18:57

ロシアによるウクライナ侵攻などで、世界的な原料価格の高騰が続く中「畜産県・鹿児島ならではのもの」を有効活用し、コストを抑えた新たな肥料が商品化されました。

JA鹿児島県経済連が商品化したのは、3つのタイプの肥料です。

農業に欠かせない肥料は、原料のほとんどを海外からの輸入に頼っていて、ウクライナ情勢の影響で原料が世界的に急騰し値上げが続いています。

そんな中、JA県経済連が新たに原料として着目したのが、県内で盛んな畜産施設から出る牛や豚などの排せつ物で、これを原料とした低コスト肥料の商品化に成功したということです。

海外の原料に依存した同じような種類の肥料が、7月からさらに値上がりするのに対し、この3つの商品は価格をほぼ据え置いた形での販売が可能になるということです。

JA鹿児島県経済連 経営管理委員会 柚木弘文 会長
「経営を維持するため農家の皆さんは、いかに製造の原価を下げるかに尽きる。今回の地域資源を活用した肥料は、農家のための一助に確実になる」

開発された肥料は茶や園芸用に利用されるもので、JA県経済連では今後、使える作物をさらに増やしたいとしています。

過去の記事