番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

未成年者誘拐等の罪などに問われた男に懲役2年6カ月の実刑判決 鹿児島

2022年1月14日21:12

去年6月、県内の当時15歳の女子高生を自宅に誘拐しみだらな行為をさせたり他の男性へ買春を斡旋したりするなどした罪に問われている男に鹿児島地方裁判所は14日懲役2年6カ月の実刑判決を言い渡しました。

判決を受けたのは住所不定の会社員中嶋明久被告です。

判決によりますと中嶋被告は去年6月18歳未満と知りながら県内の当時15歳の女子高校生を福岡県の自宅に連れ出しみだらな行為をさせたほか、この女子高生を別の男性に引き合わせ福岡県内のホテルで男性とみだらな行為をさせるなどし現金を受けとりました。

14日鹿児島地裁で開かれた判決公判で冨田環志裁判官は「家出願望のある少女につけ込み、人格を軽視した浅ましく卑劣な犯行だ」と指摘した上で「反省の言葉を述べている」などとして中嶋被告に懲役4年の求刑に対し懲役2年6カ月の実刑判決を言い渡しました。

過去の記事