番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

川内川クレーン事件 再逮捕の現場責任者を送検 鹿児島

2021年12月2日19:10

鹿児島県薩摩川内市の川内川で一緒に工事をしていた男性を川に入らせ溺死させたとして傷害致死などの疑いで再逮捕された現場責任者の男の身柄が2日、鹿児島地検に送られました。

送検されたのは鹿屋市上野町の会社員、山下昌司容疑者(43)です。

警察によりますと山下容疑者は2021年10月6日午前、薩摩川内市の資材置き場で曽於市末吉町二之方の会社員、小森一郎さん(当時50)をトラックのクレーンでつり上げて振り回すなどの暴行を加えたほか、抵抗できない状態にあった小森さんに川内川に入るよう指示して溺死させた疑いがもたれています。

警察は山下容疑者の認否について捜査に支障があるとして明らかにしていません。

2人は2021年4月から一緒に橋の補修工事に携わっていて、現場責任者の山下容疑者は6月ごろから小森さんをクレーンでつり上げて川に入れるなどの暴行を複数回を加えていたとみられています。

小森さんが川で死亡した当時、山下容疑者と小森さんのほかに現場には7人の作業員がいたということで、警察が詳しい経緯を調べています。

過去の記事