番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島県内各地 3月上旬~下旬並みの肌寒い朝

2021年4月15日12:05

鹿児島県本土では各地で15日朝の最低気温が平年を下回り、肌寒い朝を迎えました。

15日の県本土は朝からよく晴れたため、放射冷却の影響で冷え込みが強まりました。

15日の朝の最低気温は伊佐市大口で2.2度、さつま町柏原で3.4度、錦江町田代で3.8度を観測するなど、各地で3月上旬から下旬並みとなりました。

薩摩川内市の川内川では、水面から湯気のように蒸気が上がる川霧が見られ川沿いの草木には露も付いていました。

鹿児島地方気象台によりますと、この冷え込みは16日朝には和らぎそうだということです。

過去の記事