番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

給料減から賄賂受け取りか 鹿児島中央郵便元社員3人による贈収賄事件

2021年4月13日19:20

保険契約者の個人情報の提供をめぐる鹿児島中央郵便局の元社員3人による贈収賄事件の続報です。収賄側とされた元社員が、約2年前のかんぽ生命保険の不正販売問題で顧客に保険商品の提案ができなくなり給料の手取りが減ったことがきっかけで、賄賂を受けとり始めた疑いがあることがわかりました。

この事件ではかんぽ生命保険の契約者の個人情報を提供した見返りに保険代理店から商品券などを受け取ったとして鹿児島中央郵便局の元社員、吉崎翔太容疑者(32)が収賄の疑いで逮捕・送検されています。

また贈賄の疑いで保険代理店の役員2人が逮捕・送検されています。

警察への取材で、事件の背景には約2年前のかんぽ生命保険の不正販売問題で、日本郵便が顧客への積極的な保険商品の提案を控えたことが影響していることが分かりました。

吉崎容疑者は、新規顧客の獲得による報酬が無くなり給料の手取りが減ったことから、当初は断っていた保険代理店の役員からの賄賂の提供を受けたとみられています。

3人は容疑を認めていて警察はさらに調べを進めています。

過去の記事