番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

口永良部島噴火警戒レベル3へ引き上げ 鹿児島県屋久島町

2021年2月28日20:07

屋久島町の口永良部島の新岳で火山活動が高まっているとして、鹿児島地方気象台は28日、噴火警戒レベルを火口周辺規制の「2」から入山規制の「3」に引き上げました。

鹿児島地方気象台によりますと、口永良部島では2月21日以降、主に新岳の火口付近の浅いところが震源と推定される火山性地震が増加しています。

2月19日から28日までの10日間に発生した火山性地震の回数は158回で、1日の地震の回数は、28日まで8日連続で10回を超えるなど、火山活動が高まった状態となっています。

これらが噴火警戒レベルの引き上げの基準を上回ったことから、鹿児島地方気象台は28日、午後1時40分、噴火警戒レベルを火口周辺規制を示す「2」から「入山規制」の「3」に引き上げました。

気象台は会見で、過去に噴火が起きる前に近い状況だとした一方、居住地に影響が及ぶ可能性は低いとしています。

気象台は、新岳の火口からおおむね2キロの範囲では噴火に伴う大きな噴石や火砕流に警戒し、向江浜地区から新岳の南西にかけての火口から海岸までの範囲では火砕流に警戒するよう呼びかけています。

過去の記事