番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

約500本の竹灯籠 夜の伊集院駅を彩る・鹿児島

2020年10月21日19:38

日置市伊集院町のJR伊集院駅では、約500本の竹灯籠が飾られ、夜の駅前を彩っています。

竹には、ひとつひとつ丁寧な装飾が施されていて、桜の模様やハートをかたどったもの、駅前に建つ島津義弘公の銅像にちなんで島津家の家紋などがあしらわれています。

竹灯籠は、地域を盛り上げようと伊集院地区公民館が中心となり企画したもので、地元のボランティアグループ「やっちゃろ会」や、小中学生、さらには警察官など100人を超える人たちが作り上げました。

3回目となる今年は8月中旬から準備を始め、去年よりも400本ほど数を増やしたということです。

明かりはLED電球のため、雨の日でもライトアップを楽しめます。

JR伊集院駅(南口・北口)の竹灯籠は来年1月中旬まで飾られ、午後5時30分から午後10時まで点灯するそうです。

過去の記事