番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

2023年国体に向け「大きく前進」 鹿児島県・塩田知事

2020年9月15日19:25

滋賀県が2024年に開催が内定している国体の“1年延期”を受け入れたことについて、鹿児島県の塩田知事は感謝の意を示し、3年後のかごしま国体開催に向け「大きく前進した」との認識を示しました。

塩田知事は「これまで長年準備をしてきた滋賀県の関係者の皆さまにとっては大変重い苦渋の決断だったと思うが、鹿児島県の置かれた状況、苦境に対しご配慮いただき本当にありがたい。感謝申しあげたい」と、述べました。

また塩田知事は、滋賀県の三日月知事から、滋賀県議会での受け入れ表明前に「1年延期を受け入れる」と電話があったことも明かしました。

2023年の国体開催が内定していた佐賀県が大会の1年延期を受け入れた8月、塩田知事は「一歩前進した」と述べていましたが、15日は「大きく前進した。県民にとっても大変明るい希望になればいいと思う」と、笑顔で話した。

過去の記事