番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

6億円の寄付 “鶴丸城御楼門”復元 寄付金記念碑の除幕式

2020年9月14日12:00

鹿児島市の鶴丸城御楼門の復元にあたって、寄付を寄せた人たちや企業の名前を記した記念碑が完成し、除幕式が行われました。

2020年3月、147年ぶりに復元された鶴丸城の御楼門は、高さ、幅ともに約20メートルと、現存する城門としては国内最大です。

総事業費約11億円のうち、半分以上の6億3千万円は約1500の企業や法人、個人の寄付金で占められています。

この寄付に感謝する記念碑が完成し、除幕式が行われました。

記念碑は幅2.2メートル、奥行き1.1メートルで、10万円以上を寄付した654の企業、法人、個人の名前が記されています。

鶴丸城御楼門復元実行委員会の玉川文生委員長は「最終的に6億まで盛り上がったのは、鹿児島に対する思いが伝わってきた寄付金募集活動だったと思っています」と話していました。

過去の記事