番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

勇退表明の森市長 次期市長に「県と連携して街作りを」 鹿児島市議会

2020年9月8日19:08

9月4日、今期限りでの勇退を表明した鹿児島市の森博幸市長は、8日の市議会で「次の新しい市長にも、県と緊密に連携をとって街作りを進めてほしい」と述べました。

森市長は8日の市議会本会議で、「新しい時代の市政運営が求められるこのタイミングで、自信をもって次の新しいリーダーに託したい」と、4期16年での勇退について理由を説明しました。

そして、鹿児島市の街作りにも関わる本港区エリアや路面電車の観光路線新設、サッカー等スタジアム、鹿児島中央駅西口地区の再整備については、「いずれの事業も、塩田知事と、県と市が緊密に連携しながら一緒に取り組むことを確認したので、私の任期終了後も良好な関係を継続してもらいたい」と述べ、県との連携の必要性を強調しました。

過去の記事