番組表
ON AIR

ニュース・スポーツ

鹿児島県 総額233億円の9月補正予算案を発表

2020年9月8日12:05

鹿児島県は、新型コロナ対策費などを盛り込んだ総額233億円あまりの補正予算案を発表しました。

県の2020年度の一般会計9月補正予算案は、2019年度の約3倍の総額233億9300万円で、9月補正としては、過去10年で最大の規模です。

財源の大半は国庫でまかなわれます。

事業費の半分以上は、観光・農業の支援策をはじめとした新型コロナ対策費です。

そして約4割が、6月からの大雨で被災した道路や河川の復旧事業費となっています。

このほか、総合体育館の基本構想を専門家を交えて検討する新たな委員会の立ち上げに伴って、調査費用などとして1200万円が計上されています。

補正予算案は、9月14日開会の9月定例県議会に提案されます。

過去の記事